徒然に。イースター島&ボラボラ島旅行記がおすすめ!


by kokoro-rokuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

小笠原・父島旅行① 【渡航】

3月13日から18日にかけ、5泊6日の日程で東京都小笠原村にある小笠原諸島の父島へ行ってきました。

f0086492_18334412.jpg


父島は、いわゆる東京から約1000キロ南の海上にあり、これまで陸地とつながったことが無いことから「東洋のガラパゴス」と呼ばれている。海外では父島周辺の島を総称してBONIN ISLANDSとして知られる。偶然にも、明日21日にはTBS系列の「世界ふしぎ発見」で取り上げられるので、要チェック。

これまで行ってみたいなぁとは思っていたけど、交通手段は片道25時間半のフェリー「おがさわら丸」だけ、いったん出発すると帰ってくるのは6日後と、仕事で同僚に迷惑をかけることになるかもしれない旅先であったため、二の足を踏んでいた。

しかし、この1年、仕事が非常に忙しかったので、自分なりのご褒美というか、えいやっていう感じで決行。第二次世界大戦で使われた大砲やトラックを見学する戦跡ツアー、多くの固有種を見ながら登山を楽しむトレッキングツアー、そしてホエールウォッチングと、存分に楽しんできた。

f0086492_18362512.jpg


旅の手配は「ナショナルランド」という会社の「なしょなるパック」という、往復のフェリーと父島での3泊分の宿がセットになったパック商品を選択。出発2日前まで予約可能で便利です。おがさわら丸を運航する小笠原海運も「おが丸パック」という同じような商品を販売していますが、こちらは出発2週間前までに予約しなければ利用できないとのことでした。


出発したのは13日午前10時。東京の竹芝桟橋から出航です。おがさわら丸は1000人ぐらい乗れるらしいですが、この日の乗客は300人ほど。前年同期比マイナス50人ぐらいだったようです。不景気の影響かな?今回はひょんなことから母との2人旅です。

f0086492_18442762.jpg


一番安い2等船室はこんな感じ。いわゆる雑魚寝です。真ん中の金のたらいは酔ったときに活躍しそうでした。そんな場面に出くわすことはありませんでしたが・・・。通路の手すりにもたくさんビニール袋が吊り下げられていました。

船室には大きなテレビが設置されていて、衛星放送や映画が流れていました。僕は、5年ほど前に購入しながらほとんど読んでいなかった小説「レディ・ジョーカー」(高村薫)を持ち込み、往復でなんとか読みきりました。

f0086492_1851484.jpg


f0086492_18521761.jpg


25時間半も乗る船ですから、シャワールームや更衣室、洗面所に食堂、売店なども設置されてます。行きに食べたのは、小笠原特産の塩を使った塩チャーシューラーメン。850円ぐらいだったような記憶。船だから高いのは仕方ないけど、味は良く、満足でした。買い込んだコンビニ弁当などを船室で食べているお客さんもたくさんいましたよ。

f0086492_1953881.jpg


f0086492_1955274.jpg


f0086492_1965696.jpg


船内にあって目に付いたものを撮影。一番下は、おがさわら丸の模型です。


航行中は、イベントもたくさんありました。まずは島の人が乗り込んでいて、現地ツアーの紹介や組み合わせ方についての相談会。また、パワーポイントを使ってのホエールウォッチングや島の固有種についての紹介もありました。また、2日目の14日午前には船内見学ツアーも。1日目に売店横の案内所に申し込んでおく必要がありますが、無料で機関室などを見せてもらえます。最上階からの眺めは最高。地球は丸かった!!

f0086492_1918386.jpg


f0086492_19201440.jpg


おがさわら丸には2基のエンジンがあり、時速約40キロで航行。東京湾内は減速せざるを得ないため1000キロを航行するのに25時間半かかる計算になるという。燃料の重油1リットルで進む距離はわずか15メートルとのことでした。




とまぁ、そうこうしているうちに14日正午に父島の二見港に到着。向かい風だったみたいで30分の遅れでした。まったく船酔いはなし。この時期は波が穏やかだということもあるようですが、揺れてる感じもなかった。

f0086492_1929294.jpg


船を下りれば、港は宿の名前を書いた看板を掲げた人でいっぱい。僕らが泊まる「境浦ファミリー」の看板を持ったご主人は、港の一番奥にいらっしゃいました。そのままツアーへ行く予定だったので荷物だけ預けて運んでもらいました。境裏ファミリーは船の着いた大村地区から離れた場所に一軒だけポツンとあるんです。島で唯一、湧き水の出る宿らしい。

f0086492_19373993.jpg


ちなみに、宿が決まって無くても、フェリー到着場所にある観光協会で宿の紹介をしてくれるようです。本日の空き物件のような掲示板が出ていました。

f0086492_19381793.jpg


到着してみると、意外に短い26時間でした。ほどほどの揺れも寝るには心地いいぐらい。父島もいい天気で、一足早い半そでデビューを果たしました。

f0086492_19434212.jpg


f0086492_19435211.jpg



船では、「折りたたみ自転車をお預けになりましたオクムラさん」と何度も何度も、しつこいぐらいに呼び出していたアナウンスが印象的でした・・・。


いよいよ父島観光の始まりです!!!
[PR]
by kokoro-rokuro | 2009-03-20 18:53 | 小笠原諸島