徒然に。イースター島&ボラボラ島旅行記がおすすめ!


by kokoro-rokuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

6日目④ 洞窟の壁画

ビナプを後にし、向かったのは「リアタ」。港にあるおっきなモアイ。最近になって起こされたらしい。逆光だったのでうまく写っていませんが、こんなモアイ。
f0086492_17262140.jpg

f0086492_18103423.jpg

馬がのんびりと草を食んでいました。
f0086492_17274319.jpg


馬は島の人の重要な交通手段。だったのです。ケビン・コスナーが1990年代に作った映画「ラパヌイ」でイースター島の人々は大金を手にし、車が一気に普及。馬は放牧されるだけになってしまいました。だから、「野良馬」のように見えても飼い主はいるらしいです・・・。

少し離れたところには寝転がったままのモアイも。ここまで運んできたものの、首が折れてしまったため立てられなかったらしい。人と比べてもらうと、大きさが良くわかるのではないでしょうか。こんな大きなものをよく運んだなぁ・・・。
f0086492_17383924.jpg

f0086492_17395857.jpg


立派なアフとランプの上に立っています。
f0086492_17453316.jpg




この日の最後は「アナカイタンガタ」。アナとは洞窟、カイとは食べる、タンガタは人。「人を食べる洞窟」。食人伝説が残る洞窟です。あな恐ろしやぁ~。
f0086492_17504268.jpg

海岸沿いにあり、急な崖を下りていきます。
f0086492_1751179.jpg

ぽっこりと大きな洞穴になっています。高さ2~3メートルかなぁ。奥行きも10メートル弱だったような。。。上を見上げると、こんな鳥の絵が描かれています。
f0086492_1755869.jpg



さて、本当に人は食べられたのか。

実際に人の骨は出てきていないらしいので、そういったことはなかったと見られているようです。

では、なぜ食人か。

カイという言葉にヒントがあるようです。カイには「食べる」だけでなく、「説明する」という意味もあるとのこと。

「人を食べる」ではなく、「人として生きていくために教える」洞窟と解釈することもできるようで、海岸線の洞窟で、親が子に人生訓を伝えていたのかな?

しかし、食人洞窟のほうが観光地には好都合なのかも^^;


アナカイタンガタからバンに戻る途中、急に大雨に。けどホテルに戻った途端にパタッとやみ、まるでスコールのようでした。
f0086492_1873841.jpg


イースター島1日目はまだまだ続きます^。^!
[PR]
by kokoro-rokuro | 2006-11-09 18:38 | ボラボラ島&イースター島