「ほっ」と。キャンペーン

徒然に。イースター島&ボラボラ島旅行記がおすすめ!


by kokoro-rokuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

お伊勢さん~伊勢観光Ⅰ~

日本の神様の頂点に立つ伊勢神宮へ参ってきました。まぁ、実際は「おかげ横丁」という、江戸~明治時代の街の賑わいを再現した通りを楽しんだ。では、恒例の?マンホールから。
f0086492_22545745.jpg


名古屋から伊勢までは近鉄で。JRもタクシー乗車券つきのお得な切符を販売しているが、渋滞するといわれる伊勢で使いにくいと思った上、単価も高いから却下。近鉄の切符は昨年限定販売の「ゆめもうで」で、1月中ならいつでも使える。有効期間は3日間。特急を使わないバージョンにしたので往復2100円。周辺施設の割引、伊勢神宮で干支の置物などをもらえる特典がついているので、結構お得だった。ただ、日帰りでは観光できる施設も限られ、宿泊していたらもっと楽しめたかも。



伊勢神宮は内宮と外宮があり、約3キロ離れている。まずはおかげ横丁がある内宮を目指し、近鉄「五十鈴川駅」で下車、1キロ強歩く。JRでは内宮への最寄り駅が無い。朝一に出て、到着したのが8時ごろだったので、人影はまばら。伊勢といえば赤福ということで、さっそく本店へ。冬限定販売のぜんざいを食べようとするも、9時からということなので、まずは餅をいただくことに。甘くて美味しい^。^
f0086492_23202247.jpg

大きな釜が、ど~んと鎮座しています。
f0086492_23203655.jpg

店内ではお姉さん方が次々と赤福を作っていました。
f0086492_23204393.jpg

あんこの波模様は作り手の指の跡。1人前は280円。
f0086492_23205188.jpg

屋根瓦も赤福独自のもの。
f0086492_23233399.jpg


まずは、おかげ横丁にあるお店を探索します。10時ぐらいになると次々と開店し始め、食べ歩きに終始しました(^з^)伊勢うどん、コロッケ、こんにゃく、フランクフルト・・・。「豚捨」のコロッケは香辛料が効きすぎてて口に合わなかった。。。「ふくすけ」で食べた伊勢うどんはもっと太い麺なのかと思ってた。真っ黒なつゆにビックリ。味は意外にあっさり。
f0086492_2333249.jpg

f0086492_23333443.jpg


ここで気に入ったのは、俳句館・版画館。赤福で餅を買うと入っている一筆箋の版画が飾られている。色とりどりで、目を楽しませてくれる。豪快なイセエビ、立ち往生の弁慶、縁起物の獅子舞、白い人魚ジュゴン・・・。高くて1万円ぐらいで、数千円からでも購入できる手軽さ。絵葉書は1枚105円とお勧め(^0^)
f0086492_0382811.jpg


ぶらぶらしてると観光客がいつの間にかわんさか歩いており、あわててお参りするため内宮へ。鳥居の大きさに驚き、五十鈴川のとても綺麗な流れに神秘性を感じながら、高くそびえる巨木の間を通り抜け、本殿へ。お賽銭箱の前で渋滞に遭い、難渋するも、しっかりとお祈りしてきました。
f0086492_23485178.jpg

f0086492_2349058.jpg

内宮の出口には白馬が。名前は確か、晴勇(はれいさむ)号。
f0086492_23501080.jpg


内宮を出て、またまたおかげ横丁を通り抜ける。豆腐屋さんで食べた卯の花ドーナツ、豆乳ソフトは絶品。さんま丸干しが売られており、試食には人だかり。魚から出る油がジュウジュウはじけ、美味しそうなにおいが漂ってました。。。1匹100円と少し高め?

帰りに気づいたのは赤福の記念展。実は創業300年らしく、これまでの歴史を振り返っていました。館内は撮影禁止。赤福をすくうヘラの変遷、戦後の赤福を支えたのは奥様だったこと、キャラクター赤太郎が出演するテレビCMを流すなど、これまでの歩みがコンパクトにまとまった資料館でした。へぇ~、懐かしいなぁ、と思うことがたくさんあり、興味津々。2006年11月20日から07年11月19日までが創業300年の1年間のようです。赤太郎の置物は博多人形で、絶対に譲ることは無いということ。この人形をお土産屋で売れば、好評やと思うんやけど・・・。販売を考えてくれへんかなぁ。赤福さん、お願いします。買います!!!
f0086492_23582455.jpg


400円のさんま寿司を買って外宮へ。600円とかで売ってる店もあったけど、十分に油の乗ったおいしい寿司でした。値段の違いはなんだろうか・・・。外宮まではおよそ45分の道のり。反対の外宮から内宮へ向かう道は大渋滞していました。



外宮はあっさりお参りして終わり。おかげ横丁のようなお店も無い。楽しむなら内宮かな。こちらには黒い?馬がいました。名前は桜澤号。
f0086492_0115983.jpg


蔵の街、河崎町にも足を伸ばしたかったものの、意外に時間が経っていたのであきらめることに。もう一カ所、行きたい場所もあったから。それは次回に・・・。
[PR]
by kokoro-rokuro | 2007-01-17 00:52 | 徒然なるままに