徒然に。イースター島&ボラボラ島旅行記がおすすめ!


by kokoro-rokuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

身も心もほっこり

15時過ぎに御宿飛水へ足を踏み入れると、すでに先客が。一番乗りではありませんでした^^;ロビーでチェックインの手続きをする。梅昆布茶に芋羊羹がつく。芋がいい味で、土産に買って帰った。。。

部屋は2階。外を見ると、正面に高い山がそびえ、なかなかの景色。近くには真っ黒な犬もいてかわいい。チャイという名前らしい。
f0086492_21232972.jpg


お風呂にさっそく入ることに。まずは男女別の内湯、露天風呂から。内湯はそこそこの広さで、打たせ湯もある。露天は少し狭いかな。。。けど、湯がすごくいい。体の中に沁みてくる。肌はしっとりなめらか、上がってもポカポカポカポカする。良質の温泉だと実感した。

風呂上がりは源流水と書かれた冷水で体を潤す。ロビーには漫画が置いてあり、夕食まで、しばし読みふける。なかなか変わったサービス。ドラゴンボールを懐かしく思い出しながら読んだ。
f0086492_213727.jpg


18時から夕食を部屋で食べる。これまた絶品の連続で、飛騨牛のしゃぶしゃぶや猪鍋は特に気に入った。この鍋は趣深い。今年の冬はこんな鍋を作ってみようかしら。。。
f0086492_21412080.jpg


飛騨牛のしゃぶしゃぶ&ステーキ
f0086492_21424437.jpg

f0086492_2143113.jpg


岩魚の塩焼き
f0086492_214595.jpg


飛騨牛のあぶり寿司 チベット産天然岩塩
f0086492_2146567.jpg


白ご飯のおかわりまでいただき、満腹。満足じゃぁ(^З^)!


食事後もお風呂に。実はここ、福地温泉では「もらい湯」制度があります。「のくとまり手形」をいただき、浴衣姿に下駄を履いて、別の旅館の露天風呂を1軒だけ楽しめる制度です。時間の制限はあるものの、無料でもう1軒のお風呂に入れるというのはうれしい限りです。

選んだのは「湯元長座」さん。「日本秘湯を守る会」会員の宿です。内風呂、露天風呂ともに広かった。さすがに泉質は変わらないと思う。ここでは半身浴に徹し、長風呂してしまった。ポカポカしてくる。首までつかってるとすぐ上がってしまいそうになる。それはもったいない^0^妻が待ちくたびれていた。雰囲気のいい宿で、今度はここに泊まってみようかなぁ、と思いをめぐらす。家具屋「雉子舎」の製品が並べられており、一枚板のテーブルに目を引かれた。目玉が飛び出るような値段だったけど^^;

宿に戻ると21時過ぎ。22時から貸切の栃の木をくりぬいたお風呂に入る予約をしていたので、漫画を読んでしばし休憩。湯あたりするほどではないのも嬉しい。

こちらが栃の湯。その奥には小ぢんまりとした露天風呂。プライベート感たっぷりのお風呂に大満足しました。冷水を飲めるようになっていて、干からびずにすむ^。^;
f0086492_2217381.jpg

f0086492_221713100.jpg

貸切できる家族風呂も素晴らしかった。寝湯といって、15センチぐらいの深さのお風呂に寝っころがって温まる。開放感がたまらない。混浴露天風呂にも入って、心の奥底までリラックスできました~~~。

お風呂上りにフロントで飛騨牛乳とアイスクリームを飲食しようと思っていたのに、すでに閉まっていたのが残念だった。驚いたことに、部屋に戻ると夜食と冷水が置いてありました。おにぎりと芋煮。気配りの効いたサービスだった。
f0086492_22265850.jpg


翌朝は朝市をのぞくため6時過ぎに起床する。布団に潜るが、体がポカポカして布団が邪魔になる。素晴らしい泉質だと、あらためて実感した。。。
[PR]
by kokoro-rokuro | 2007-04-30 22:38 | 徒然なるままに