徒然に。イースター島&ボラボラ島旅行記がおすすめ!


by kokoro-rokuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お皿の削り

約1カ月ぶりとなった陶芸のお稽古。前回、電動ろくろでつくったお皿2枚の削りです。削りだけなので、あっという間に終わってしまいました。その間わずか約1時間。久々なので、先生に手取り足取り教えてもらいながら。6月から新入社員?の方が入ったようで、2人の先生と初顔合わせでした。

少し深めのお皿は高台を付けました。深さ5センチぐらいで直径は20センチぐらいかな、手のひらサイズ。冷たい蕎麦やそうめんをぶっ掛けで食べるのに使おうと考えているので、高台があったほうが安定するかな、と。

もう一つの浅いお皿は一回り大きく、おかずを盛り付けるのにちょうどよさそうなので、高台を省いてみました。底を削りすぎた感じもあり、少し薄くなってしまった。。。穴はあいていないので、セーフでしたが。

①かんなで底の深さを測って、指の本数で底の大きさを覚える。
②粘土が固くなっていたので、かんなで削る。大きい刃を鉛筆持ちで握り、外側から刃を入れていき、下のほうに削っていいとこまでまず削る。
③小さい刃に持ち替えて、高台の位置を確認してから内側に削っていく。
④最後に全体をなめらかに仕上げる。

久しぶりだと、この順番がなかなか頭に残っていない。
できは素晴らしいと、自己満足。写真がないのが残念だが^。^;
[PR]
by kokoro-rokuro | 2007-06-23 20:58 | 陶芸