徒然に。イースター島&ボラボラ島旅行記がおすすめ!


by kokoro-rokuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カラフルな珊瑚礁(4日目)

イルンティフタデムラで最後となる朝食を食べ、チェックアウトしてからグッドアウトドアのカヤックツアーに向かった。今日は「フカパナリ島真珠湾と青い珊瑚礁」。スノーケリングで西表島の海をのぞきます!

出戸さんの家の前のビーチから出発し、すぐ目の前にある外離れ島(フカパナリ)を目指す。最終日にして素晴らしい天気に恵まれた。漕ぐのは慣れたもの。沖合いに出ても浅瀬が続き、すぐに珊瑚礁が広がる。紫、青、ピンク、黄などとカラフル。昨年のタヒチ・ボラボラ島とはまた違った海の景色に見とれてしまう。ところが、波のうねりが高いため、妻は少しグロッキー状態になっていた。

フカパナリに上陸する前に珊瑚礁が広がる場所で思いのままスノーケリング。カヤックは珊瑚礁のないところで係留した。スノーケリングの説明を受け、いざ海中探索へ。魚の種類、多さはタヒチのほうが多いような気がするが、珊瑚礁の色は西表島のほうが素晴らしいように見えた。
f0086492_18223593.jpg

f0086492_18224750.jpg

f0086492_18225564.jpg

f0086492_1823341.jpg


白くなった珊瑚礁も多く見られたが、台風が少ないため海水の温度が高くなり過ぎていることが原因らしい。白くなっているから死んでいると言うことでは必ずしもないというようで、ある程度は復活できるようだ。まさしく熱帯魚も泳いでいた。
f0086492_18301287.jpg


存分にスノーケリングを楽しんだ後、昼ご飯を食べるために上陸した。
f0086492_18372713.jpg

ここの海岸にいたのがカクレクマノミ。アニメ映画で有名になった魚です。膝丈の深さぐらいの場所にイソギンチャクがおり、カクレクマノミが顔を出したり、引っ込めたりしてかわいらしい。イソギンチャクから離れないのが本当に不思議。
f0086492_18493896.jpg

f0086492_18495788.jpg

f0086492_18522431.jpg

f0086492_1850690.jpg


八重山そばを食べ、しばし散策。高台に登ると、青い青い海が眼下に広がっていた。水が透明で、珊瑚が生息する海底も見える。沖は深いのか、濃い青が続く。
f0086492_19384726.jpg

f0086492_19385739.jpg


腹がこなれると出発。実はこの島には1人だけ、10年ほど住み着いているおじぃがいます。なんと、素っ裸で生活している。テントで暮らしており、雨水を飲み水にしている。テレビに登場したこともあるようで、今後も取材依頼が入っているらしい。「争いはいけない。じゃんけんもいけない」と自論を展開。ラジオで世情を知るらしい。島の外に出ることもあるが、そのときは服を着る。外の人と触れ合えば、病気にかからないように塩水(海水)でうがいをして予防していると話していた。
f0086492_19483258.jpg


帰りには雷が鳴り始め、隣の島では大雨が降り始めた。幸い、カヤックの付近では雨に当たることはなく、けど巻き込まれないようにどんどん漕いで帰ることにした。前日の向かい風とは違い、追い風を受けて15時過ぎには戻った。
f0086492_209685.jpg


今日はこのまま石垣島に行くので、出戸さんの家でシャワーを借りて身支度。奥さんにバス停まで送ってもらい、安栄観光の無料バスで上原港を目指す。ほかのお客さんを送迎していた出戸さんともバス停で会い、最後のお別れ。疲れはしたけど、なかなか楽しい3日間だった。

港では、出戸さんお勧めのジャージーミルクアイスを購入。船の中で食べたが、とても美味しかった。イリオモテヤマネコの絵柄のエコバッグや、近くのスーパーでは西表島産の黒糖と胡椒を買って船に乗り込んだ。
f0086492_20144915.jpg



今晩の石垣島での宿泊はルートイングランディア石垣。港から10分ぐらい歩くとありました。部屋はまぁ、普通のビジネスホテル。ネットが使えた。外に出ると、なんとまぁ、前日までカヤックツアーで一緒だったカップルに出会う。悪天候で飛行機が飛ばなかったらしい。不思議な出会い。色んな雑貨店もあった。おもしろいTシャツが多くある大田民芸というお店は雰囲気が良かった。素敵な陶器や、しっくいのシーサーもあってほしかったけど、値段と持ち帰りの不便を考えてあきらめた。

晩御飯は「島の食べものや南風(ぱいかじ)」へ。ところが人気があるため超満員で、数軒隣にあった「一仙」というお店に入る。これが失敗で、ドリンクを頼んだのは良かったけど、料理は何を頼んでも品切れ状態。まだ19時ごろだというのに。。。ドリンクを飲んだらそのまま店を出て、20時過ぎに一段落していた南風へ行った。
f0086492_20381379.jpg


どんどん注文した。最後にはもう食べられないほど満腹になったけど、2人で5000円と安く、お腹も非常に満足した。

f0086492_20434331.jpg

(ミミガーの和え物。コリコリしておいしい!)
f0086492_20443889.jpg

(ジーマミー豆腐。ぷるぷるしていた)
f0086492_20455483.jpg

(アーサーの天ぷら。ふっくらしている)
f0086492_20465245.jpg

(そうめんチャンプル。炒めてもおいしいもんですね)
f0086492_2048393.jpg

(イカ墨チャーハン。本当に真っ黒け)
f0086492_20493056.jpg

(ヒラビチー。沖縄風チヂミ)
f0086492_20503620.jpg

(ラフテー。マスタードをつけて。少しかたいけど、味は濃くしっかりしていた)
f0086492_20514784.jpg

(アーサー汁。最後にあっさりと)

そうそう、メニューに沖縄の魚の連鎖?の様子が描かれていました。かわいらしい絵で思わずにっこり。
f0086492_20545854.jpg

最終日は八重山諸島旅行の最終日。竹富島でシーサーとの対面です!
[PR]
by kokoro-rokuro | 2007-09-17 21:09 | 沖縄・八重山諸島