徒然に。イースター島&ボラボラ島旅行記がおすすめ!


by kokoro-rokuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

竹富島でシーサー三昧!(5日目・最終日)

ルートイングランディアでバイキング形式の朝食。特に印象は残ってない。朝一の高速船で竹富島に向かおうと思っていたけど、結局8時半の船になった。大きな荷物は石垣港離島ターミナルにあるロッカーに押し込む。3種類の大きさがあり、新しくて使いやすかった。2個の荷物を預けるのに400円ですんだので、とてもお得に感じた。

f0086492_23583026.jpg


船に乗ると、15分ほどで竹富島に着く。往復大人1人1100円。またしても安栄観光を利用した。竹富島の港にはレンタサイクルショップ、水牛車ショップの迎えの小型バスがずらっと並んでて、島の中央部に乗っけてってくれる。もちろん利用することが前提だけど。僕らは自転車で散策することにしていたのでワゴン車に乗った。

f0086492_23584261.jpg


レンタサイクルは1時間400円だったかな?30分ごとに課金される仕組みだったと思う。地図をもらい、ママチャリを借り、白砂が敷き詰められた青空の下を爽快に駆け回った。さっそく水牛車とも出会い、写真に収める。乗らなかったけど、これで十分かな。
f0086492_0101884.jpg


はじめに向かったのはコンドイビーチ。島の東側にある。遠浅の海岸が続き、透明な海水が綺麗。ナマコがいたるところにいてビックリした。足だけつかる感じでぶらぶら。
f0086492_0191274.jpg

f0086492_0202795.jpg

f0086492_0282654.jpg


ところで、竹富島といえばシーサー。屋根の上で個性的な顔をしたシーサーを見るのが楽しみで、この島にやってきた。コンドイビーチを後にし、妻とも離れ離れになってしまいながらシーサーを探し回る。家の敷地に入らないよう気をつけながら、たくさん撮ってメモリーはパンパン。
f0086492_0555351.jpg

f0086492_056233.jpg

f0086492_0561076.jpg

f0086492_056192.jpg

f0086492_0562921.jpg

f0086492_0564032.jpg


なごみの塔からは島が一望できる。
f0086492_0584914.jpg


夢中で駆け回り、喉がカラカラ。お腹もすいたので、妻と合流して食事へ行くことに。妻は八重山そばで有名な「竹の子」に行きたいようだったけど、僕は混雑は勘弁と、近くにあった「ぱーらー願寿屋」に入る。まずは喉を潤し、“パイン盛”を頼む。

妻は左のゴーヤーが入ったスムージーを注文、やっぱり苦かったみたい^。^右は僕が頼んだマンゴーとヨーグルトの入ったスムージーだったかな。とっても美味しかったのは覚えてる。そんなにどろっとしているわけでもなく、飲みやすかった。パイン盛(600円)は冷たく、これ以上食べられないぐらい盛られていた^З^
f0086492_152871.jpg

f0086492_1143582.jpg


妻を説得してここで八重山そばを食べることに。1杯500円で、味はそれなり。出戸さんのとこの方がボリュームがあって食べ応えはあったかな。お腹を満たすにはちょうどよかった。
f0086492_1185451.jpg


十分に満喫して、14時過ぎの船で石垣島へ戻る。安栄観光と八重山観光フェリーが同じ時刻に就航している。八重山のほうは団体の観光客で満員だったので、安栄観光を選んで正解!
f0086492_1375983.jpg


石垣島に到着すると、妻のリクエストで最後に石垣ジェラートで食べる。何度食べてもおいしいものはおいしい!!お店は離島ターミナルの向かいにあります。
f0086492_1554210.jpg

f0086492_1424942.jpg

f0086492_141566.jpg


バスに乗って石垣空港へ。琉球エアコミューターという地元航空会社の機体があった。シーサーが描かれており、思わずパチリ。
f0086492_145014.jpg


満足の行く沖縄・八重山諸島旅行5日間だった。
f0086492_1512466.jpg

[PR]
by kokoro-rokuro | 2007-09-23 01:57 | 沖縄・八重山諸島