「ほっ」と。キャンペーン

徒然に。イースター島&ボラボラ島旅行記がおすすめ!


by kokoro-rokuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

保険

陶芸とはまったく関係ありませんが・・・。

今日、生命保険(医療、障害も)に加入しました。
結婚式を控えており、保険のひとつにでも入っておかねばということからです。

入るからには内容を理解して、自分にあった保険を選ぼうと、保険無料相談センターへ。なかなか便利なとこですねぇ!!!いろんな会社から自分にあった保険を選んでくれる。相談は2度目だったんですが、納得してハンコを押してきました(^^)

実は国内最大手N生命のお姉さんに勧められた保険もあったのですが、私が加入したプランの充実ぶりを見てNの方は勧誘をあきらめてしまいました(連絡が来なくなりました)。そのお姉さん、座ってるだけで保険の契約が取れるなんてズルイ、と営業の辛さを語ってくれました。しかし、こういったセンターは各地でできているようですし、これからは働き方が変わるんでしょうか???

センターで担当してくれた女性には「ハンコをひとつもらい忘れましたので明日も寄ってください」と言われてしまいましたがね^^;
[PR]
by kokoro-rokuro | 2006-05-30 23:37 | 徒然なるままに

常滑で個展を見学!





今日は昼から、朱泥の急須や土管で有名な常滑へ。
若いカップルらがたくさん歩いていて、セントレア効果か、なんて思いました。
今回は、常滑といっても、散歩道を紹介するのではありません、あしからず(汗)

大好きな作家さんが個展を開いているということで、足を延ばしてきました。

大好きな作家さんとは・・・。
今日、初めて話す機会を持てましたが、経歴は明かさない主義のようです。
作家:「誰に師事したとか作品には関係ない。年齢も秘密(笑)」とのことでした。
そんなわけで、僕も作品以外については多くを語らないようにしておきます。
(好きな音楽家には売れてほしいけど、売れすぎてほしくない、あの感覚もあります^^;)

f0086492_2124411.jpg
作家さんを知ったきっかけは、この花瓶を見て。
黒いウサギがたくさん、楽しそうに跳びはねてて、面白い絵を描く作家さんがいるなぁ、と興味津々でした。

f0086492_215726.jpg
こんな変わったウサギの醤油さしもあって、そのユニークさに思わず一目惚れ!!
常滑の作風とは違っていたのが新鮮だったのかも・・・。


今回の作品は、個展が始まる前日に窯出ししたとのこと。
「いつも個展の日程を覚えてなくて、今回は危なかった」と自然体の作家さん。
暇を見つけては海へ行ったり、山へ行ったりする自然人。
家ではスズメ、犬のような猫、犬、ネズミ、ウサギなどを飼っていたようで、
作品に生かされてるなぁ、なんて思いながら眺めました。


個展を始めたのも、知人に強引に日程を入れられ、拒否できなかったから。
常滑よりも、ほかの地域で個展をする機会が多く、今回は珍しかったようです。

作家:「毎回、違う作品を並べてます」
心:「余ったらどうするんですか?」
作家:「東京や関西などのデパートへ引き取られ、手元には残らないんですよ」

作家:「初めのころは個展をしても本を読んでお客と話そうとしなかった。『いい作品ですね』って言われても何がいいのかよくわからなくて」「作るときの気分で、ツバキの数を増やしたりするんで、同じものを、と言われてもできないんです。ウサギの目を入れ忘れてることがあって、私らしいと言われたりもしますし・・・」

心:「どんな作品を作ろうか、なんて悩んだりしないのですか」
作家:「毎回、日展に入選するような仲間がいるが、いざ作品作りになると悩み、辛いと言っている。私には考えられない。私は好きなように作っているだけだから」

こんな天才肌の作家さんです(^^)


f0086492_21374271.jpg
で、今回限りの作品群を前に、次はないとの思いから、鉢を買いました(右)。
少々お値段は張りましたが、なんともいえないウサギにやられちゃいました(x_x)


f0086492_21381619.jpg
どうです、このウサギさん、
なんとも心を打ちぬかれてしまいませんか(笑)


f0086492_21383128.jpg
外周には、この作家の代表的なツバキがあしらわれていたこともあり、気に入りました!!
黒いツバキ。発想が違います。


近くのお店には同じ作家さんの、こんな茶碗も。ご馳走様でした~~~
f0086492_21535266.jpg

[PR]
by kokoro-rokuro | 2006-05-21 22:20 | 陶芸

ももんが!!

かわいい、目がパッチリくりくりの「ももんが」(^^)
初めて見たけど動きはすばしっこく、ジャンプも。
夜行性なんで昼に起こして申し訳ありませんでしたm(__)m
f0086492_22422223.jpg


で、今日は何をしていたかというと、棚田で田植え。
昨日の雨とは打って変わって晴天に恵まれ、裸足で田んぼに。
水も温かく、苗を3~4本つかんでは泥の中に植え、
約100平米を2時間ぐらいで完了。収穫は1俵(60KG)らしい!!
コメは「みねあさひ」という、味はコシヒカリと似ているものの、粘りが少ない品種。
棚田の奥の方では、農家の方々がモチゴメを植えていました。
指導してもらったのは80歳には見えないおじいさん。
石垣で囲われた立派な棚田でした。。。
f0086492_2324428.jpg


驚いたのは昼ごはん(**)
イノシシとシカの肉が出てきてバーベキューに。
早起きして車で2時間かけてやってきたかいあり、めちゃウマ。
f0086492_22531856.jpg
シカ(写真左)は脂身が少ない、赤身の肉。
やわらかく、肉汁があふれる感じ。。。
イノシシは脂身が多いものの、それがジューシー。
家でも食べたいし、実家にも送ろうと、
猟師さんに実費で分けてもらいました(^^)v










棚田は愛知県の山奥でオーナー募集があり、参加することに。
今日が初日で、これから草取りや収穫の日程が組まれています。
契約は1区画、年間で3万円。念願かなってのオーナーです^^;
稲作以外に梅酒作りなどの体験、収穫祭も組まれているようで、
都会育ちの僕には楽しみでたまらん感じ\(^^)/
陶芸教室で作った茶碗に御飯山盛りで美味しくいただきたいもんです!
今日は竹炭とモミジガサという山菜も土産にいただきました。
これからが楽しみでもあり、随時、リポートいたします!!!
[PR]
by kokoro-rokuro | 2006-05-14 23:31 | 棚田2006

湯飲み完成!

今日は陶芸教室5回目。
前回、色付けした湯飲み3種類ができあがってました!
f0086492_1912442.jpg

伊羅保(左)と白マット(右)は思い通り(^^)

伊羅保はうまく釉薬が流れてくれて、いい柄が出てます。
もう少し掛ける量が多かったら、ダメになってたかもしれませんが、
上から3分の1ぐらいで重ね掛けを止めたのが正解でした!!

白マットは花が綺麗に出てた。
特に葉っぱは葉脈がきっちり出てて、いい仕上がり。

f0086492_1915790.jpg

ところが、織部はイマイチ・・・。
重ね掛けされてないとこが薄い上、色も綺麗じゃない(T_T)
織部は白い土に掛けたほうが綺麗に発色してくれるのかしら???


さて、今日はマグカップに釉薬掛け。
小さいほうは白マット地に青とピンクの麦わら模様を下絵付けし、ヒワ釉薬を重ね掛け。
大きいほうは取っ手を志野、胴体を麦の穂釉薬にしてみました。

作成したのは中鉢。
タタラで作るのは無理がある、と先生が最後に言ったのが気になったが・・・。
夏が来るので、冷たいそうめんや稲庭うどんを入れて食べられる器をイメージ。
水引きなんかも初めて体験。手回しろくろも面白い(^^)!

次回からはタタラで自由制作とのこと。
四角い小鉢に、水切り板を備えた四角い皿、抹茶碗、秋刀魚皿などに挑戦してみたい。

明日からは、一大プロジェクトが始まります!!(大げさかも^^:)
[PR]
by kokoro-rokuro | 2006-05-13 19:05 | 陶芸

ADSL開通!!

ブログを始めて旧パソコンで写真が取り込めないことに我慢ができず、
パナソニックのW4に買い替え、ついでにADSL50Mも開通させました。
新パソコンでの操作は今回が始めて。記念すべき日!?となりました^^;

ちなみにこれまで使っていたパソコンは1999年1月に購入したシャープのメビウス。
CPUが266ぐらいしかなかったはず。ネットはエッジ32Kという環境でした。

デスクトップもいいかと考えたものの、やはり持ち運びしやすいノート型を選択。
今後は外からも投稿できるように、
無線LANの開発に取り組んでみたいと思っています!!
[PR]
by kokoro-rokuro | 2006-05-11 21:29 | 徒然なるままに

GWは金沢をぶらぶら~

ゴールデンウィークは金沢市へ。
1泊2日で後輩宅へ身を寄せ、歩き回ってきました(^o^)





まずは昼ご飯で腹ごしらえ(.O.)
近江町市場の、その名も近江町食堂で海鮮丼を注文。
〝新鮮な〟食材に満足。お腹も満足!!おいしかった~。

ちなみに夜は宝生寿しで大大大満足の寿司を堪能\(^^)/
カウンター席で腹いっぱい食べちゃいました。
それでも料金は4000円ちょい。車だったんで、お酒を飲まなかったこともありますが。
リーズナブルに美味しいものを腹いっぱい!至福の時を過ごしました。

f0086492_21553971.jpg
観光は名所、兼六園から。
GWにしては大きく混雑はしておらず、快適なひと時に。
灯篭の前でしっかり写真を撮ってまいりました。














次に向かったのは、すぐ近くの金沢21世紀美術館
ひろ~い芝生の中に白い美術館が。
プールの水面下にいる人を水面の上から見られる作品に(*o*)
こんな発想出てこうへんなぁ~、参った!!

f0086492_21563279.jpg
そうこうしている内に、お茶の時間に。
近くの能作という金沢漆器店の4階で抹茶と冷たいぜんざいをいただきました。
九谷焼の特徴の、綺麗な絵付けがされた抹茶碗に感激(; ;)味も満足!!


f0086492_930135.jpg
また、お店ではナスビの形をした漆器の爪楊枝入れを購入。
ヘタの部分がふたになってて一目惚れ!!!
金箔を惜しげもなく使った香合は、思わず「いい仕事してますね~(笑)」












2日目は金沢市郊外の湯涌温泉から。
竹久夢二が最も愛した彦乃と逗留した場所でもあり、立派な夢二館が。
名前はよく聞く夢二。
巡り逢った女性が夢二の美人画に影響を与えたことを理解しました(・ε・)
金沢中心部から車ですぐ行けるとこにあり、
毎週末ゆったり温泉につかれるロケーションがうらやましい限り。。。


ところで、九谷焼を見物するため、金沢市野町にある九谷焼光仙窯を訪問。
明治初期の光仙作の作品を見せてもらい、すべて手作りといった説明を一通り聞く。
絵付けに使う色は全部で5色らしい。
〝吉田屋〟と呼ばれる赤を使わず、
黄色地に緑などで絵付けをする作品を目当てにしていたものの、
〝木米〟と呼ばれる赤地に5色を使って人物画を描いた作品が気に入る。
しかし、買う踏ん切りが付かず、また金沢を訪れることを決めて離れることに。
ちなみに、木米の赤地は窯によって色合いが異なるようで、
いろいろ見た結果、気に入ったものは光仙窯のものでした・・・・・・。残念!!!

最後に訪れたのは東茶屋街。
石畳の道の両脇に木造の茶屋や小物の店、紅茶屋さんもあり、雰囲気抜群。

金沢は街全体が歴史を感じさせてくれる。
こんな趣深い暖簾がかかる店も多くあり、とても気に入った。
ぜひ、また来たい。次こそは木米も(^O^)
f0086492_22213126.jpg

[PR]
by kokoro-rokuro | 2006-05-06 22:52 | 陶芸