「ほっ」と。キャンペーン

徒然に。イースター島&ボラボラ島旅行記がおすすめ!


by kokoro-rokuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2008年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

モアイの耳泥棒その後

f0086492_21394990.jpgモアイの耳泥棒のその後。ブログ「アンデスから始めよう」によると、捕まったフィンランド人、マルク・クルジュ容疑者は謝罪しているらしい。


ボクサーで芸術家。とんでもない男がいたものだ。村長はまるでハムラビ法典のごとく怒っているようだ。「耳を切り落としてしまえ!!!」

マルク・クルジュ容疑者は身柄を拘束され、549日から5年の禁固刑とともに、最高で700万ペソの罰金が課される見込み。さらに修復に掛かる全費用を請求するつもりだという。どういう精神状態で犯行に及んだのか分からないが、これいじょうモアイが破壊されることのないよう、一つの前例として徹底的に処罰することが望ましいだろう。

f0086492_21484851.jpg


●引用開始●

La Tercera. comより

★Turista pide disculpas públicas por daño a moai
En una misiva, Marku Kulju señala que "estoy dispuesto a asumir todas las consecuencias de mi conducta y pagar la multa que se me impondrá".
26/03/2008 18:08

Marku Kulju, el turista finés que fue detenido y formalizado por violar la Ley de Monumentos Nacionales tras arrancar la oreja de un moai en Isla de Pascua para llevar de recuerdo a su país, escribió una carta para solicitar disculpas públicas por el daño ocasionado al patrimonio chileno.

En la misiva, el joven de 26 años señala que "quiero expresar públicamente mi profundo arrepentimiento por el involuntario daño causado y manifestar mis disculpas a las autoridades y particularmente a los habitantes de Isla de Pascua y a todos aquellos que se han sentido molestos por mi irresponsable conducta".

Kulju, que debe permanecer con arresto domiciliario y arraigo insular mientras dure la investigación, dice en la carta que comprende la conmoción pública que generó su "irresponsable conducta" y agrega que "estoy dispuesto a asumir todas las consecuencias de mi comportamiento y pagar la multa que se me impondrá".

SANCION
Hoy viajará hasta Isla de Pascua una fiscal de Conaf, quien asesorará la presentación de una querella en contra del turista finés. La acción irá acompañada de un informe elaborado por una arqueóloga especialista en conservación del Museo de Rapa Nui que detallará el daño, las posibilidades de restauración y el costo asociado.

Según se indicó, se solicitarán las máximas sanciones en contra de Kulju, es decir, presidio menor en su grado máximo y una multa de 200 Unidades Tributarias Mensuales.

★Alcalde de Isla de Pascua propone "cortar oreja" a turista que dañó moai
"Entonces ojo por ojo, diente por diente", dijo el edil, a pesar de que el turista pidió perdón en una carta escrita a mano en el día de ayer.
27/03/2008 16:57

El alcalde de la polinésica Isla de Pascua, Pedro Edmunds Paoa, sostuvo que el turista finlandés que cortó una oreja de un moai para llevarla de recuerdo debiera sufrir la misma pena.

"Oreja que se corta, oreja que se corta. Mano que se corta, mano que se corta. Entonces ojo por ojo, diente por diente, esa sería mi justicia", dijo el alcalde a radio Cooperativa.

El alcalde forma parte de la comunidad originaria local Rapa Nui, es decir unos 2 mil 200 de los 3 mil 800 habitantes de Isla de Pascua.

El finlandés Marko Kulju, un boxeador y artesano de 26 años, se encuentra en arresto domiciliario y con arraigo que le impide abandonar Isla de Pascua mientras se realiza la investigación por el atentado a un moai de unos 3 a 4 metros.

Ayer, en una carta pública, Kulju expresó su arrepentimiento por la acción cometida y pidió disculpas a las autoridades y a los habitantes de la distante posesión chilena.

★Gobierno presentará querella en contra de turista que arrancó oreja de moai
La acción judicial será oficiada en conjunto con el Consejo de Defensa del Estado.
Angélica Baeza Palavecino
28/03/2008 13:23

Luego de la polémica por la acción en la que incurrió un turista finlandés al arrancarle la oreja a un moai en Isla de Pascua, se deben establecer las soluciones para la restauración del monumento nacional.

El director ejecutivo del Consejo de Monumentos Nacionales, Oscar Acuña, conversó con La Tercera.com, e indicó que oficiarán en conjunto con el Consejo de Defensa del Estado (CDE), una querella criminal, la que puede terminar con el establecimiento de una responsabilidad penal y multa, además de una indemnización del daño hacia el finlandés Marko Kulju.

La responsabilidad penal puede ir entre los 541 días a los 5 años de presidio.

El Ministerio Público dictaminó trece días de investigación y de plazo- luego de la formalización del finlandés- para la preparación de un informe sobre el valor del daño al moai, a lo que Acuña indicó que tal vez se pueda conocer este dato la próxima semana. Sin embargo, destacó que dentro del valor se incluyen los materiales, el traslado de expertos y encargados de la restauración y los honorarios.

La multa que se le aplicó en primera instancia al imputado está alrededor de los 7 millones de pesos, por lo que debería ser mucho mayor- según Acuña- teniendo en cuanta todos los gastos en los que se incurrirán al momento de trabajar en el arreglo del moai.

Según Acuña, la pieza arrancada está muy dañada, ya que la piedra volcánica se deteriora con mucha facilidad, por esta razón, según indicó, se debe conversar con los isleños sobre la posibilidad de dejar tal como está el monumento en lugar de restaurarlo.

●引用終了●
[PR]
by kokoro-rokuro | 2008-03-29 21:49 | ラパヌイ

モアイ破壊

信じられないことが起きてしまった。イースター島にある世界遺産のモアイがフィンランド人の観光客に破壊されてしまったのだ。NHKの全国ニュースで流れているのを見てビックリしてしまった。

壊されたのはアナケナビーチにあるナウナウ。プカオをかぶったモアイのうち、正面から見て右から2番目のモアイの右耳たぶを粉々にし、一部を持ち帰っていたという。

ナウナウは、砂浜に埋まっていたのを発見されたため、在りし日の姿をとどめている貴重なモアイ。それを壊してしまうなんて、とんでもない馬鹿野郎だ。数年前には日本人がモアイに落書きして国外退去させられた事件もあったが、なぜこんな馬鹿げた行為が続いてしまうのだろうか。。。

イースター島ではモアイに触ることは禁じられています。アフ(祭壇)に入ってもいけません。

●引用開始●

f0086492_2345526.jpg


モアイ像の耳たぶ盗んだ男を拘束・イースター島

 【サンパウロ25日共同】世界遺産に登録されている南米チリ領イースター島でモアイ像の耳たぶを壊して盗んだとして、フィンランド人の観光客の男(26)が拘束された。AP通信が25日伝えた。
 有罪となれば、国家遺跡を保護する法律により、禁固7年と罰金約1万9000ドル(約190万円)が言い渡される可能性があるという。
 男は23日、手で像の右耳たぶを破壊、地上に落として20―30センチの小片に砕き、少なくとも小片を一つ持って逃げたという。被害に遭った像は数百年の風雨でもろくなっていたとみられる。事件を目撃した地元住民が警察に通報、その後、身元が分かり拘束された。


【以下の西文記事はLa Terceraより】

Turista finlandés que arrancó oreja a moai en Isla de Pascua será formalizado mañana
Marko Kulju (26), se expone a una pena de prisión y una multa de casi nueve millones de pesos.

25/03/2008 15:52

Un turista finlandés, fue detenido en la Isla de Pascua, por haber arrancado parte de la oreja de un moai, con el fin de llevársela de recuerdo a su país.

El extranjero, identificado como Marko Kulju (26), podría ser condenado por infracción a la Ley de Monumentos Nacionales y se expone a una pena de prisión y una multa de casi $9 millones.

Según se informó, el joven fue sorprendido el pasado domingo en la playa Anakena, cuando arrancaba la oreja al moai. Una habitante de la isla lo sorprendió e hizo la denuncia a la policía, tras lo cual Kulju fue detenido.

En tanto, la fiscalía de Isla de Pascua informó que el turista será formalizado mañana en audiencia con el fiscal Claudio Muñoz.

●引用終了●
[PR]
by kokoro-rokuro | 2008-03-27 00:09 | ラパヌイ

名古屋の朝は

f0086492_1558447.jpg


もうすぐ名古屋で暮らして3年にもなるのに、食べたことの無かったコメダ珈琲店のモーニング。そう、飲み物を頼めばトーストなどがセットに出てくる名古屋名物のひとつです。

f0086492_15585128.jpg


朝寝坊な僕と妻は10時半ごろに入店。なんと、席が空くのを待っている人がいました!名古屋人の朝にモーニングは欠かせないと聞いてはいたけど、まさか並ばないといけないなんて。。。

f0086492_15595192.jpg


注文したのはモーニングコーヒー(奥)とスペシャルコーヒー(手前)。これにトーストとゆで卵が無料でついてくる。ともにできたてホヤホヤ。パンはもっちりしていた。お得な仕組みが名古屋人の心を魅了してやまないのかな。若い女の子からお年寄りまで一緒になって朝のひと時を過ごしていた。

f0086492_1684270.jpg


コメダ珈琲には公式HPが無いようだけど、「コメダ珈琲に行こう」なんてファンサイトがいくつかある。

f0086492_1695767.jpg


最近では、アドバンテッジパートナーズという投資会社に全株式を譲渡し、全国展開を進めるような記事が出ていたので、名古屋以外でもよく目にすることになるのかなぁ。すでに関東圏などにもフランチャイズ展開しているようですが。

f0086492_1613476.jpg


名古屋の喫茶店と言えば、小倉トーストも有名。前に一度食べたことがあっておいしかったので、きょうもたのんでしまった。マーガリンを塗って小豆をのせるとさらにうまい!

f0086492_16131279.jpg


モーニングもなかなかいいもんですな。朝から行列ができるのも分かる気がしました。聞いた話では、1年間に喫茶店に使うお金は、岐阜が1番みたいで、愛知は2番のようです。サラダを付けたり、茶碗蒸しを出す店もあるようです。


帰り道、早咲きの桜が満開になっていた。思わずうっとりしてしまった。

f0086492_1619972.jpg

f0086492_16191725.jpg

f0086492_16192680.jpg

[PR]
by kokoro-rokuro | 2008-03-23 16:25 | 徒然なるままに

復活!?

無けりゃ無いで食べたかった赤福餅。消費者を裏切った「まきなおし」行為から復活し、営業を再開して1カ月以上が過ぎたきょう、ようやく口にした。妻がデパートで買ってきてくれたみたいで、久しぶりの味を堪能。

f0086492_2145953.jpg


「できたてを出してくれる本店で食べるのと、駅売店で売っている赤福餅のおいしさは違う」。まことしやかに噂されていたことが、今回の偽装発覚で、実は本当だったことが証明されてしまった。

f0086492_2184274.jpg


反省をした結果、製造年月日や消費期限を「折箱」に直接、印字する改善策を取った、と赤福は発表している。

しかし、今回たべた2個入りの箱には、印字されていなかった。包装紙に製造年月日がスタンプされ、消費期限がシールで張られているだけ。

これなら包装紙を付け替えると、「まきなおし」が簡単にできるのではないか。

疑問に思い、同社HPを見ると。。。

2個入りの箱は「折箱」ではなく、「銘々箱」というそうです。

「箱に印字します」って言えないのかなぁ?

赤福さん、本当に大丈夫ですか?

f0086492_236229.jpg


f0086492_2245639.jpg


売れ残りを無駄にしたくないという気持ちは分かるが、それを予測するのが商売人。幸い食中毒は起きていなかったようだけど、第二の雪印事件になっていたら、赤福餅は世間から抹殺されていたかもね。それだけに、今後は消費者をだまさない、謙虚な姿勢で餅づくりに励んでもらいたい。

f0086492_2253982.jpg


だって、お伊勢参りには欠かせないんだから。
[PR]
by kokoro-rokuro | 2008-03-20 02:42 | 徒然なるままに

徳川園

f0086492_1617312.jpg


春のうららかな陽気に誘われ、尾張徳川家の大名庭園「徳川園」をぶらぶらしてきた。実際は庭園の無料開放に誘われたんやけど、気がつけば、2週連続の庭園散策となった。

園内では、梅や桃がちらほら咲き始めていた。白梅、紅梅の競演がとても美しい。はじめて見た、まんさくの花は黄色い花弁が特徴的で、見ていて飽きなかった。

f0086492_1624250.jpgf0086492_16241211.jpg


f0086492_1627299.jpg


雪囲いされた椿。ほかにも鮮やかな赤い花などが咲いていた。全体的に見ごろはもう少し先のようだった。

f0086492_16313216.jpg


f0086492_16314176.jpg


f0086492_16315644.jpg


滝や大きな池もあって、静かに時間が流れていた。

f0086492_16354857.jpg


f0086492_1635553.jpg


家族連れにぴったりな感じ。普段の入場料は300円のようです。

f0086492_16384195.jpg


併設された徳川美術館にも入って、尾張徳川家のことについて学んできました。時期は過ぎたけど、雛飾りが絢爛豪華に飾られていた。
[PR]
by kokoro-rokuro | 2008-03-16 16:42 | 徒然なるままに

市松皿

白御影土と赤土が余っていたので、使いきろうと市松皿をつくることにした。「市松」とは、下のような写真の陶器。タタラで碁盤の目を作っていきます。

f0086492_19414642.jpg


①それぞれの粘土を、ほしい大きさにあうように長方形にし、正方形に整える。
②それぞれを立てて、しっぴきで細長く切っていく。
③ドベを使って、白御影土と赤土を交互に載せていく。
④積み上げた粘土を90度回転させ、さらにしっぴきを通し、白御影槌と赤土が四角く交互になった細長い粘土を切り出していく。
⑤切り出した粘土をドベを使って積み上げる。このとき、白御影土と赤土が交互に載るように気をつける。
⑥皿を切り出す。粘土が混じらないよう、新聞紙を載せて手のひらでたたいて粘土を締め、なめしシートをかけて表面を仕上げる。完成。

写真は撮っていないので完成してからのお楽しみです。お皿は丸く切り出しました。ます目が流れてしまった部分もあるけど、なかなかうまくいったんじゃないかなぁ。

まだ粘土が残っていたので、白御影土で湯呑みとお碗を一つずつ。両方の粘土をミックスし、お皿を1枚作りました。きょうは5時間も粘土と向き合っていた。。。



できあがっていたのは、茶碗4つ。透明釉薬を掛けた茶碗はうまくいっていたが、ピンクの茶碗は少しゆがみ、トルコ青の茶碗2個は釉薬を掛けすぎて流れてしまった。。。痛い失敗。

f0086492_206976.jpg


f0086492_2061913.jpg


ここからは大きく失敗した茶碗たち。

f0086492_206301.jpg


f0086492_2064026.jpg


f0086492_206504.jpg


f0086492_2065968.jpg


どれも上から見れば、とっても綺麗なお茶碗ばっかりやのになぁ・・・。

f0086492_2075912.jpg

[PR]
by kokoro-rokuro | 2008-03-15 20:12 | 陶芸

NIPPONモアイ紀行Ⅱ

前回から9ヶ月ぶりの第2弾。高松市と言えば・・・。そう、イースター島のモアイ修復に多大なる貢献をする企業「タダノ」の本拠地です。

f0086492_2374449.jpg


で、そんな聖地にモアイがいないわけがない。高松駅の近くにある高松港。ここから目指すは鬼が島!!とも言われる女木島。フェリー「めおん2」に乗ってわたる。片道20分、往復720円。あまり時間に余裕がなかったので、島内滞在は1時間と決めた。

f0086492_23122658.jpg


どこだどこだと探すこともなく、なつかしの後姿が。女木島の船着場にある「高松市鬼ヶ島おにの館」のすぐ横。ここは山に大きな洞窟があるようで、バスに乗って観光に行くことが一般的なようですが、それだとモアイをじっくり見る時間がない!!山の上から港のモアイを見てみたい気もしたけど、モアイの近くで過ごすことに。1時間だけのデートです^。^;

f0086492_23232123.jpg


ここのモアイさん。タダノがモアイ修復プロジェクトのため、吊り上げテスト用に作っただけあって、イースター島にある像とそっくり。忠実に再現されています。高松市女木公民館の柳館長が書かれた「<モアイ>って何んだろな?」という冊子によると、高さ3.9メートル、重さ10.8トン、材質は本物と同じ凝灰岩。タダノが高松市に寄贈し、1996年11月3日に除幕式があったという。

f0086492_23281982.jpg


両脇にマケマケや鳥人間が彫られた石があり、裏にはライトが置かれていたので、ライトアップもされているのだろう。また、イースター島で15体のモアイが並ぶ「アフ・トンガリキ」にあったタダノのプレートと同じものもあった。

f0086492_23384797.jpg


f0086492_23305137.jpg


このモアイの由来について書かれた石碑もあった。

f0086492_2333415.jpg


イースター島では、世界遺産だからということで、モアイには指一本触れられませんでしたが、ここのモアイは別だろう!!!ということで、寄り添って写真も撮ってきました(^0^)!初めての体験。うれしかったなぁ~!



では、短くも濃密な時を過ごした女木島のモアイ写真集をどうぞ(^З^)~!

f0086492_2350131.jpg


f0086492_2350979.jpg


f0086492_23501793.jpg


f0086492_23502567.jpg


f0086492_23503585.jpg


f0086492_2352216.jpg


さすがに1時間は手持ち無沙汰かなぁ、なんて正直思っていたけど、あっという間に過ぎ去った。やはり別れがたい。高松はいいとこだ^。^

f0086492_23551068.jpg


フェリーの到着とともに洞窟に行っていたバスも帰ってきたので、乗らなくて正解だった。後ろ髪を引かれながら船に乗り込んだ。

f0086492_23561696.jpg


見送ってくれたのは鬼。また来ることがあるだろうか。。。

f0086492_23585943.jpg


f0086492_2359785.jpg

[PR]
by kokoro-rokuro | 2008-03-10 00:02 | NIPPONモアイ紀行

讃岐へ

f0086492_22211821.jpg


週末は、ばあちゃんの100カ日法要のため愛媛へ。その途中、マリンライナーで高松市へ足を延ばした。高松と言えば、讃岐うどん。あまり時間はなかったけど、2店に立ち寄った。

f0086492_21924.jpg


まずは1店目。歩いてて目に入ったお店へ。JR高松駅と「ことでん」高松築港駅の中間にある「さぬきうどん駅前店」。かけうどん並とイワシフライを食べる。

f0086492_2191351.jpg


かけうどんをもらい、天かす、ねぎをトッピング。うどんはほんのり塩味がして、うまいの一言。ズルズルッと音を立てて食べた。サイドメニューのイワシフライもめちゃうまかった。衣はサックサク、中はしっとりという言葉そのまんま。たまたま入ったお店だったのに、また行きたくなった。

f0086492_2141575.jpg


次に入ったお店は「かな泉紺屋町店」。なんかネットで見かけた名前だなぁと思って。さっき食べたばっかりなので、「かけ小」を注文。それに目玉商品の一つホタテ貝柱の掻き揚げ、げその天ぷらをチョイス。

f0086492_21411820.jpg


さっきほど塩味が感じられるということはない。掻き揚げは期待するほどではなかったが、げそがとってもうまかった。適度に噛み応えがあり、楽しめた。

f0086492_21582826.jpg


高松の名所「栗林公園(音が出ます)」へも行った。知らずに高松駅から歩いたけど、距離は2400メートル。革靴を履いていたせいで、到着したころには足裏が痛くなっていた。。。

f0086492_21503878.jpg


国の特別名勝に指定されている庭園の中では最大の敷地面積を誇る。約75ヘクタール(23万坪)。江戸時代初期の回遊式大名庭園。抹茶付きの入園券を購入し、散策した。

f0086492_2203976.jpg


f0086492_224449.jpg


f0086492_2245283.jpg


静かに時が流れる。静寂という言葉がぴったり。騒がしい名古屋とは大違い。大名はここへ来てはのんびり贅沢なときを過ごしていたのだろう。忙しい世の中、ホッと一息つくことが大事だなぁとあらためて実感。掬月亭で抹茶と菓子をいただいた。栗が入って上品なお菓子。

f0086492_2282463.jpg


ちょっと時期が過ぎてしまった感のある梅林もあった。紅梅、白梅、ピンクっぽい梅も。青空に映え、とっても綺麗。コートを着て歩いてると、じわっと汗ばむ。もう春だなぁ。

f0086492_2216674.jpg


f0086492_22161385.jpg


f0086492_22162190.jpg


帰りは、ことでん栗林公園駅から電車で。2両編成で車体にはイエローのライン。グリーンのラインの電車もあった。

f0086492_22194342.jpg


f0086492_22195535.jpg


高松駅は新しいのか、デザインが美しい。駅前のビルも特色あった。

f0086492_22232125.jpg


f0086492_22233030.jpg


観光しすぎて予定より1時間遅れ、特急しおかぜに乗って愛媛へ向かった。

f0086492_22243571.jpg


讃岐の国、とっても充実した一日を過ごせた。今度は製麺所の讃岐うどんを食べてみたい。そしてうどんを湯がく体験も。知らないところへ行くのは楽しい^。^
[PR]
by kokoro-rokuro | 2008-03-09 22:32 | 徒然なるままに

澄んだ空気と清流

f0086492_21571960.jpg


岐阜県を走る第三セクター「長良川鉄道」。今回の旅は機関車に揺られ、のんびり。JRとの乗換駅である美濃太田駅から乗り、向かった先は岐阜県郡上市八幡町。いわゆる郡上八幡。山に囲まれた小さな城下町は清流にあふれ、澄んだ空気がうまかった。

f0086492_2232862.jpg


f0086492_22174322.jpg


夏の期間、夜通し踊ったりする郡上踊りで有名な街。まず向かったのは郡上八幡城。高台に建つ山城で、1559年に築城された。1933年に再建されており、木造再建城としては日本最古という。小さいけど立派なお城だった。

f0086492_22191371.jpg


f0086492_22192393.jpg


天守閣からの眺めは最高!周りを山に囲まれた小さな街が一望できる。昔のお殿様は、毎日眺めてたんだろうか。天然の要塞でした。

f0086492_2223047.jpg


下山して昼ごはんは「泉坂」という鉄板焼のお店へ。飛騨牛の牛串がうまかった!!やわらかくジューシー。高山の路上で売ってるものとは一線を画す。これは等級が高い肉だ。郡上焼きというねぎ焼に、マイタケも食べた。満足!

f0086492_2232675.jpg


f0086492_22321511.jpg


f0086492_22322218.jpg


食後は城下町を散策。かぼちゃ専門のお店、綺麗な水を使った豆腐屋さん、清流にすむアマゴのマンホール。

f0086492_22413597.jpg

f0086492_22414468.jpg

f0086492_22415238.jpg


軒先に雲が掛かってるようなお店、フライドゴジラ!?、赤いボンボリ。

f0086492_22482146.jpg

f0086492_22483576.jpg

f0086492_22484654.jpg


郡上踊り関連のモニュメントも多かった。

f0086492_2251160.jpg

f0086492_2251958.jpg

f0086492_22511967.jpg


郡上八幡博覧館では、じっさいに踊りを披露してくれる。夏にまた来て、徹夜踊りに参加してみたい!と強く思った。

f0086492_22542455.jpg


この街は食品サンプルづくりでも有名らしい。予約をしていれば、体験もできるみたい。

f0086492_22555512.jpg


名水100選の1番目に指定された宗祇水。いたるところでごうごう水が流れており、鯉なんかも泳いでいた。

f0086492_23131517.jpg


帰り間際に臨済宗の慈恩護国禅寺で庭を鑑賞。撮影禁止だったので写真はないけど、滝の落ちる音以外はとっても静か。運よく貸切だった。雪が残っていて緑と白のコントラストが美しい。秋も紅葉で見ごたえありそうだ。

最後は喫茶チロルでコーヒー休憩。郡上踊りの名前を冠したコーヒーを注文する。とっても味わい深いコーヒーだった。最後、支払いを済ませて200円のおつりをもらうとき、ウェイターさんが「2000円のおつりです」なんていうもんだから、思わず笑ってしまった。関西なら200万円やけどなぁ。。。

f0086492_234461.jpg


帰りはこんな機関車。長良川鉄道利用者は、途中の温泉を無料で利用できるので、いったん降りる。改札はなく、自動扉をくぐれば温泉。芋洗い状態の人気ぶり。電車が近づくのを知らせる信号が設置されていた。

f0086492_2375625.jpg


f0086492_2384925.jpg


入浴後は体がポカポカして、十分に疲れが取れた。いい旅でした。
[PR]
by kokoro-rokuro | 2008-03-05 23:15 | 徒然なるままに

岐阜へ

早朝から機関車に揺られ、岐阜の風光明媚な山奥へ行ってきた。小さな街だけど、歩き回るとさすがに疲れる。明日の桃の節句を前に、おひなさんが街中をにぎわしていた。きょうは写真だけ、旅行記はまた後日。。。

f0086492_2134632.jpg

f0086492_2135525.jpg

[PR]
by kokoro-rokuro | 2008-03-02 21:04 | 徒然なるままに