徒然に。イースター島&ボラボラ島旅行記がおすすめ!


by kokoro-rokuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

鮮やかな八雲

山陰旅行2日目は早朝から友人に車を出してもらって一路、出雲大社へ。目的は御本殿の特別拝観。事前のネット情報によると、朝早くから行列ができるというので、早い時間に拝観できる整理券をゲットすることが重要と判断。4時半に米子市を出て、到着したのは1時間半後ぐらいだったか。

f0086492_2312931.jpg


それでも行列はすでにできていて、1時間半ぐらい待って整理券が配られ始めた。手に入れたのは9時半からの拝観券。順調です。今回は御本殿の大遷宮のため、神様に仮の本殿に移動してもらっているから見られるもの。なんと60年おきにしか公開されない。

f0086492_2314838.jpg


しまね観光ナビ」に詳しいですが、今回の公開で見られたのが、神様のいる部屋の天井に描かれた八雲の図。約250年前に描かれたとは思えないほどの鮮やかな色彩が残っている。大社の職員に話を聞くと、御本殿が約5メートルの高さにある高床式の建物で、滅多に扉を開くことが無いため、湿気にやられず保存状態が良いとのこと。上の写真よりも本物は本当に鮮やかだった。また、八雲と言いながら7つの雲しか描かれていない謎も残っている。

f0086492_2317147.jpg


おっきな注連縄もあって、硬貨を突き刺そうと投げつける観光客も。投げた以上にお金が増えて戻ってくることもあるけど、さすがに神様の前ではねぇ・・・。

f0086492_2321248.jpg


このあとは日御碕灯台へ。白いレンガ造りでとっても綺麗だった。

f0086492_23315958.jpg


f0086492_2334016.jpg


出雲歴史博物館は建物が素晴らしい。庭園もばっちり整備されていて、緑が目に優しい。博物館の女性職員のコスチュームは古代の装いでマッチしていた。よくよく日本史を思い出してみると、銅剣がたくさん出てきた荒神谷遺跡、銅鐸がたくさん出てきた賀茂岩倉遺跡など、出雲は重要な遺跡が目白押し。展示品もそういった貴重なものがあって感激した。多くが復元品だったのは残念だったけど、仕方ないのかな。

f0086492_22431225.jpg


その後、一畑鉄道を見たり、JRの旧大社駅を見たり、竹内まりやの実家の旅館を見たり、島根ワイナリーに寄ってブドウジュースを飲んだり。

f0086492_22432794.jpg


そうこうしているうちに、ようやくお昼の時間に。もちろん名物の出雲そばを食べました。殻もすった田舎そば。つゆが辛口で、僕の舌にはあまりあわず。セットの親子丼も辛かったなぁ。

f0086492_22474486.jpg


出雲は神社が多い。八重垣神社では水に浮かべると白い文字が浮かび出るおみくじに挑戦。早く沈めば結婚が早い。未婚の友人に付き合ってやったが、1分も掛からずに沈んだ僕に比べ、友人は20分以上も沈まなかった・・・。池にはイモリが泳いでてかわいらしかった。神魂(かもす)神社は、手洗い所のひしゃくに魅かれた。立派な大社造の建物は言うに及ばず。

f0086492_2257528.jpg

f0086492_22594766.jpg

f0086492_22595596.jpg


松江城は黒い壁で、松本城を思い出した。町の中心部にそびえる。高い建物が無い松江市を一望できた。最上階は風が心地よく吹き抜けていた。

f0086492_2342226.jpg


ドライブの途中、ラ・ゼソン洋菓子店でシュークリームをご馳走になる。これがうまいのなんの。かりっと厚めのシュー生地に、バニラビーンズの入った甘すぎない、あっさりしたクリーム。作りたての朝に購入すれば、さらにかりっとしたシュー生地を味わえるという。写真を撮るまもなく食べてました・・・。

f0086492_23113850.jpg

f0086492_23133496.jpg


1日の締めくくりは、宍道湖遊覧船に乗ってサンセットクルーズ。船の屋上に座っていざ出発。4本の大橋をくぐり、宍道湖へ。ちょうどこの日は水郷祭という祭りの開催日で、花火が打ちあがるため、沿岸には見物客でぎっしり。橋には幟旗がはためいていた。

f0086492_23155435.jpg

f0086492_2316777.jpg


晩御飯は松江市の寿司屋で。入ったのは「呉竹鮨」。特上寿司を躊躇無く注文し、シジミ汁も堪能。シジミは意外と大きく、これが本物なのかと、驚かされた。

f0086492_2321315.jpg

f0086492_23211045.jpg


うなぎの白焼きはカリッカリでねぎを添えて食べる。初めての食感でうまい。これまた初めてのノドグロ。煮つけで注文し、口の中では白身がふわふわ。淡白な味で甘い煮汁とマッチして絶品でした。もう少し贅沢しようと、寿司を追加して締めくくる。もちろん、ノドグロの寿司も頼み、その白身に舌鼓を打った。大満足した割りに、値段はリーズナブル。大都会で食べたら、目ん玉が飛び出るんだろうなぁ、と思ってしまった。。。

f0086492_23265665.jpg

f0086492_2327816.jpg

f0086492_2327196.jpg

(中央左端がノドグロのお寿司)

アテンドしてくれた友人に感謝。庭園が日本一素敵で、開園時間に間に合わなかった足立美術館をのぞいて、島根県の東部はほぼ制覇できました。翌日は、鳥取砂丘へ、懲りずに午前5時半出発です^。^
[PR]
by kokoro-rokuro | 2008-08-19 23:43 | 徒然なるままに

水木しげるロード

f0086492_22181688.jpg

f0086492_22495056.jpg


特急やくも、鬼太郎列車を乗り継いで辿り着いたのは鳥取県境港市。山陰旅行の始まりは、最も行ってみたかった「水木しげるロード」だった。気がつくと4時間ほど滞在。友人から「そんな長いことおった奴は初めてや」と驚かれる始末でした。

f0086492_22222491.jpg

(『ゲゲゲの鬼太郎』作者の水木しげる先生)

駅を降りて、観光案内所で「妖怪ガイドブック」を100円で購入。ロードの店先などにおかれたスタンプを空欄に押していくスタンプラリーとなっていて、全部埋めると完走証をもらえる。

f0086492_2231171.jpg


ロードに置かれたモニュメントは全部で130体ぐらいあるらしい。目玉の親父が盗まれた、なんて時々ニュースになったりしている。今回はもちろん、全部の銅像を写真で収めた。スタンプラリーが楽しく、大人も子どもも楽しめる仕掛けだった。観光客が殺到するのも納得。

f0086492_22311670.jpg

f0086492_22312783.jpg

f0086492_2235444.jpg

f0086492_22351793.jpg

f0086492_22352623.jpg

f0086492_22353688.jpg


水木しげる記念館に入って知ったのは、水木さんも1987年にイースター島へ行っていたこと。そういや、イースター島奇談なんて作品も書いているなぁ。

夜は米子市のホテルで宿泊。友人お勧めのお店を予約してもらっており、「藤吉郎」で夜御飯。お任せの刺身が絶品と言われ、それも予約していてくれたが、その通り。アジ、カレイ、シロイカ、タイなど、丁寧に料理されていた。中でもニンニクを添えて食べたアジは素晴らしいものだった。2人で1万円を超えたのは食べすぎか、妻の飲みすぎか(^。^)

f0086492_2241258.jpg

f0086492_22413265.jpg


翌朝は午前5時半に出発することで友人に承知してもらいました!!
[PR]
by kokoro-rokuro | 2008-08-18 22:52 | 徒然なるままに

山陰へ

鳥取、島根へ夏休みを取って初訪問。仕事で住みついてる大学の同級生を頼って両県を堪能させてもらった。ニュースで触れる山陰地方のイメージとは違い、いろんな意味でとっても豊かな地域でした。

f0086492_2340149.jpg


f0086492_23402067.jpg


f0086492_23403425.jpg

[PR]
by kokoro-rokuro | 2008-08-10 23:54 | 徒然なるままに

こどもの・・・

庭先で妻がミニ菜園を楽しんでる。トマト、ピーマン、ハーブ・・・。そんなことをしてると虫もやってくるんだなぁ、と。傘の上で、こっちをじっと見つめる熱い視線に気がつきました。

f0086492_12565974.jpg


まだまだ子どものカマキリ。腹が短くぼってりしてる。三角顔。小さな目でじっと見つめられた。。。緑色が鮮やか。SO706iで撮影。
[PR]
by kokoro-rokuro | 2008-08-02 13:02 | 徒然なるままに