徒然に。イースター島&ボラボラ島旅行記がおすすめ!


by kokoro-rokuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

つけ麺専門店きじ亭

ラーメンが好きで、大学生のころから食べ歩くようになった。
当時は国道2号線沿いに林立するラーメン屋さんを片っ端から訪ねたような記憶がある・・・。
「もっこす」「希望(ホープ)軒」「彩華ラーメン」「楓林」「日の丸軒」「竹屋らーめん」なんかをよく覚えている。

一転、社会人になってからは、転勤する各地で、おいしいラーメン屋さんに行き当たればラッキーというぐらいの感覚でしかなくなり、ご当地ラーメンなんかを食べては満足しているぐらいだった。もちろん、秋田の十文字ラーメンや、福島で食べた喜多方ラーメンは、ほかの土地で食べるのとは違ってとてもおいしかった。


静岡に来てからも、何軒かおいしいラーメン屋さんを紹介してもらったが、行ったり、行ってもおいしくなかったりで、ファンになるようなお店はなかった。


ところが、最近、ラーメンではなく、つけ麺の美味しい店に足繁く通うように。
それが「きじ亭」。

これまでなんとなく、つけ麺は敬遠しがちだったけど、ここのお店は、想像を超えるぶっとい平たい麺がもちもちしていて存在感を示しており、スープも魚介系の出汁がベースになっていて風味豊かなため、ついふらっと足を向けてしまうようになっている。近くに静岡市で一番おいしいといわれるラーメン屋さんもあるけど、個人的には普通のラーメン屋としか思えない。断然、きじ亭である。



きじ亭はカウンターだけ7席ぐらいの小さなお店。
店の名前は、おそらく店主の名前に由来するんだと、営業許可証を見て思いました。

で、29日はことし最後の営業日でした。
毎年、特別営業をしているようで、この日はいつもの麺とは違い、蕎麦。限定30食とブログでは紹介されており、11時開店とありましたが、20分前に行くとすでに始まっていて、そのまま入店。あとからは並ぶお客さんもいてました。

f0086492_18402087.jpg


スープの粉は魚介の粉末。魚介だしの好きな方は、病み付きになると思いますよ。ちなみに化学調味料は使っていないそうです。つけ麺は最後にスープを足してもらう「スープ割り」(無料)をお願いして飲み干します。この日は蕎麦湯を足してもらって、最後の一滴まで。御飯を追加して雑炊のように食べることもできます。


ふだんのメニューは、店内に掲げられたもの以外に、ブログ限定メニューもあるのでチェックしていくといいかも。僕もブログの存在は最近知りました。ブログには載っていたのですが、「辛ぇつけ麺」を初めて注文したとき、そのままのイントネーションで注文したのですが、実際はカレー味の事で、少々恥ずかしかったのを覚えています。大盛りにすると食べきれないぐらいの量になるので、店主さんから一言大丈夫か聞かれます。たしかに腹いっぱいになりますが、自家製麺が非常においしい。


ここまで褒めると褒めすぎかもしれないので、最後に個人的に良くないと感じる点も。
実は、きじ亭は、初めて行ってから2度目に来店するまで、1年近くは間隔があきました。
それは、初めてのときに食べた「塩つけ麺」が、僕にとってはあまりにもしょっぱかったから。
2度目のときはスタンダードに「つけ麺」を注文したので、魚介スープにとりこになってしまい、通うことになりました。ただ、こないだブログを見つけて「塩つけ麺(エビ)」を注文したのですが、やっぱりしょっぱいと感じたので、今後は塩味は避けることにします。あくまで個人の味覚の好き嫌いですので、参考までに。。。
[PR]
# by kokoro-rokuro | 2009-12-30 19:29 | 徒然なるままに