徒然に。イースター島&ボラボラ島旅行記がおすすめ!


by kokoro-rokuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:ボラボラ島 ( 20 ) タグの人気記事

ボラボラ島は素晴らしい

ハネムーンで行ったタヒチ・ボラボラ島がテレビで紹介されていた。ポカポカ地球家族。この間、イースター島の日本人夫婦が紹介された番組です。

透明な海、青い空、聳え立つオテマヌ。シャークやエイが楽しそうに泳いでるのを見て、旅の記憶がよみがえってきた。。。妻がまた行きたい、また行きたいと言い始めて困ってしまいましたが^。^;

番組内容の詳細は引用させていただきます。


●引用開始●

2007年2月24日放送
BS朝日: 3月2日(金)よる7時00分~放送
 
国名:フランス領・ポリネシア
うらやましいリゾート暮らし
~タヒチ ボラボラ島~

家族構成
フレッドさん 43歳
ベンシ・フキコさん 47歳

--------------------------------------------------------------------------------


「太平洋の真珠」と称えられる島、ボラボラ島。珊瑚に囲まれた遠浅の海岸は世界有数の高級リゾートです。まるで海の上に浮いているかのような体験ができる水上バンガローに憧れて世界中から観光客が訪れます。

f0086492_22291576.jpg


ボートで島を一周するツアーを企画しているのはこの島で唯一の日本人専門のツアー会社。『ボラボラディスかバリー』。フキコさんが企画、フランス人のご主人・フレッドさんもガイドのサポートをしています。コースの中で人気なのがエイとサメの餌付けポイント。ここにくるエイは人になれている為、逃げることもなく間近で鑑賞することが出来ます。



ツアーの一行が向かったのは「モツ・ロア」と呼ばれる小さな島。ここは人があまり来なく浜辺はフキコさん夫婦のお客だけのプライベートビーチに!!ここで食べる定番サラダ「ポワソンクリュ」はココナッツミルクをたっぷりかけて、出来上がり!



ここで足を水に浸しながら食事を楽しめるのは穏やかな遠浅のビーチならでは。夫婦で企画した自慢のランチタイムは新婚旅行が初めての海外旅行体験という人もいる中で、安心して楽しめるツアーとしてクチコミで評判が上がってきました。



フキコ夫婦が住むのはボラボラ島から飛行機で45分のタヒチ島。人口17万人でその8割がポリネシア人。ボラボラ島より家賃が格安なタヒチ島。夕方、近くのスーパーへ。物資は空輸されたものが多く、卵12個で400円。12個入りのトイレットペーパーは600円、洗剤は1100円!!


15年前。音楽の仕事で日本を訪れていたフレッドさんとフキコさんは出会い、2年後に結婚。レストランやイベント会社も経営し、寝る暇もないぐらいの忙しい日々。お互いそんな時間に追われる毎日の中、少しのんびりと暮らしたいと、憧れだったボラボラ島に移住して会社を設立。

2人の夢はボラボラ島に暮らすこと。コンドミニアムの建設を夢見て友人の建築デザイナーにお願いしていました。そこに珊瑚礁で囲まれたラグーンを見渡せる絶景ポイントが見つかったと連絡が入り図面を見に!愛するボラボラ島に暮らしたい。結婚12年目。2人の夢は着実に進んでいます。


--------------------------------------------------------------------------------
tv asahi


●引用終了●
[PR]
by kokoro-rokuro | 2007-02-24 22:39 | 徒然なるままに
急ですが明日2月3日、イースター島を舞台にしたテレビ番組が2つもあります。ご興味のある方は見てみてください。ボクはビデオを撮ります^~^!

①テレビ朝日系列 午前8時から午前9時半 旅サラダ
②テレビ朝日系列 午後6時半から午後7時 ポカポカ地球家族


旅サラダは昨年4月の放映分の総集編。純名りさがタヒチとイースター島を旅しています。この番組を見てハネムーンの行き先を決めました^。^;思い出深い番組です。ボラボラ島も出てきます。


ポカポカ地球家族は、昨年11月に放映予定だったらしい。楽しみにしていたのに放映されなかったので、お蔵入りとなったのかと思っていたけど、とうとう明日、日の目を見るようです。僕らが泊まったホテルタハタイで働いていた「ゆう子さん」と、ツアーガイドの「つれあい」夫婦が登場するとのこと。楽しみです!!!
[PR]
by kokoro-rokuro | 2007-02-02 23:49 | ラパヌイ
朝のワイドショーで知った、中田英寿白雪のバカンス。

この2人が、というよりもボラボラ島の高級ホテルという言葉に反応。

早速フライデーを立ち読みすると、水上バンガローのデッキで、水着姿でくつろぐ2人が大写しにされていました。。。

青く澄んだ空に、エメラルドグリーンの海。

うらやましい。。。

え、何がって?もちろん・・・。
[PR]
by kokoro-rokuro | 2006-11-10 22:35 | ボラボラ島&イースター島

思い出の写真 其の五

ハネムーン前半、タヒチでの残りの日程から。


ホテルボラボラ、起こさないでくださいZzzz・・・
f0086492_1644924.jpg


デッキから、水上バンガローを。
f0086492_16483296.jpg

ボラボラ島へは先日、写真家の篠山紀信が撮影に訪れていたとのこと。大きな機材を抱え、空中からも撮影していたらしい。そのうち写真集が出るのだろうか。



一気にパペーテへ飛んで、ル・トラック。
f0086492_16465930.jpg


タヒチ銀行。ティアレの花弁の数は何枚が正解?
f0086492_16514865.jpg


こちらはポリネシア銀行。
f0086492_1701417.jpg


レストラン。ヒナノビールが幅を利かせています。
f0086492_165281.jpg


教会を裏から見ると、こんな感じ。
f0086492_16591622.jpg


ポストは黄色かった。
f0086492_1715459.jpg


街角のカフェ。
f0086492_1721066.jpg


イースター島へ向け、手続きです。
f0086492_171243100.jpg


FAAA国際空港の中庭。
f0086492_1792243.jpg


壁に飾ってあった、民族衣装かな。
f0086492_1795690.jpg

[PR]
by kokoro-rokuro | 2006-10-29 17:14 | ボラボラ島&イースター島

5日目① ボラボラ出発

ついにボラボラ島に別れを告げる日がやってきました。あっという間の滞在期間。もうちょっとのんびりしたかった気もしますが、イースター島へも行きたいので仕方がない。

最終日は7時20分に起床。9時10分にポーターが荷物を取りに来るということなので、それまでに食事へ。焼き立てベーカリーが美味。勝手に注文されていたフルーツ盛り合わせもとってもみずみずしく、感激。

f0086492_21523919.jpg


のんびりしていたら8時半。あわてて部屋に戻る。けどポーターが部屋へ来たのは9時半^^;お別れです。

f0086492_222178.jpg


実は9時40分がデッキから出発する時間。ロビーへ行って支払いをしていると出発時間は過ぎてしまいました。けど、そこはタヒチ時間。出発時間はあってないようなものです。

デッキへ行くと、オテマヌ山が綺麗くっきり。出発日に天気が良くてちょっぴり複雑。最後に魚にパンをあげて南国気分にさようなら~。
f0086492_22105121.jpg


帰りは貝殻の首飾りをもらって出発です。やはりさびしさがこみ上げてきます。「ボラボラ、マルル~(ありがとう!)」
f0086492_2212186.jpg


空港に着くと、タヒチヌイトラベルの日本人女性スタッフが。チェックインの手続きでは手荷物検査もなくスルーパス。そういやスーツケースは大きな針がついた秤で量っていました。針が大きく揺れている内に重さを確定してました^^;

f0086492_22292293.jpg


今回行った8月末というのは、タヒチでは乾季。日本人スタッフが言うには、例年は水不足で断水があるということ。ただ、ことしは天候不順で一度も断水はなく、現地の人にとっては暮らしやすいらしい。観光客の僕らには少し残念ですが。これも環境破壊の影響でしょうか。僕らの日々の暮らし方も影響してるのでしょう。楽園を残すためには日々の行動を見直すことが重要かもしれません。

また、ホテルボラボラが来年ぐらいに改修するのではという話も聞きました。ボラボラ島ではホテルの建設ラッシュ。最新設備が導入されているようで、ホテルボラボラもスポーツジムなどを備えたホテルに生まれ変わるらしいです。あまりほかの観光客に出会わない雰囲気がいいんですけどねぇ・・・。

帰りの飛行機もプロペラ機です。
f0086492_2227487.jpg


帰りは右側が景色のいい席。けどやっぱり出遅れます^^;ところがラッキーなことに、右側の前から2列目の席が空いてました!行きに座った席と同じ場所です^。^

景色はこんな感じ^0^!オテマヌ山がはっきり見えます。
f0086492_22333154.jpg

リーフに区切られ、海も色んな表情を見せてくれます。
f0086492_2235050.jpg

水上バンガローもばっちし。
f0086492_22352932.jpg

これはモーレア島かな?
f0086492_2236153.jpg


パペーテに到着です。タヒチヌイトラベルの赤シャツを着た男性が運転するタクシーで高速道路?を走り、デイユースするパペーテ市内のホテルマンダリンへ連れて行ってくれました。街中は渋滞。ホテルは少し古めかしい。けど近くにマルシェなどがあって、空港の近くにあるホテルよりは、街歩きには便利でした。
f0086492_22405132.jpg

[PR]
by kokoro-rokuro | 2006-10-24 22:53 | ボラボラ島&イースター島
ブルーラグーンツアー後、「マヒマヒバーガーが食べたい!」と思ったので、レンタサイクルでホテル周辺のレストランへ行くことに。なかなか元気が有り余ってました^^

ホテルのツアーデスクへ自転車を借りに行くと、「これから雨が降りそうだからやめとけば?」といわれるも、借りちゃいました。。。(結局、雨は降らず)

マヒマヒバーガーが売ってるようなお店はもうランチタイムが終わっていて、食べられないとのこと。残念(T。T)自転車は1時間CFP500。自転車のブレーキがきかないなぁ、と思ったら、ペダルを逆回転すればブレーキがかかる仕組み。

ヴァイタペ方面へ向かいました。まずは「ブティック・ゴーギャン」。いっぱいパレオがあるものの、なかなか気に入るものが無かった。ていうか、多すぎて全部見るのが大変^^;ヒナノビールグッズやパレオシャツ、ココナッツ石鹸など、たくさん置いてありました。妻は絵葉書(写真ですが^^;)を購入。

お店の前にはトーテムポール?が。
f0086492_15251591.jpg

東京までは9500キロのようです。横の絵はなぜか、富士山。

隣にあった、ちいさなカフェでちょっと休憩。妻はミルクセーキを注文。甘くて普通に美味しかった。僕は工夫も無くコーラがぶ飲み!

次はさらにヴァイタペ方面へ進み、「アラン・リンダ・アート・ギャラリー」へ。地球の歩き方に載っている夫婦がいました。奥さんの方が接客。色々勧めてくるけど、あまり気に入るものが無い。リトグラフ(石版画)に目を奪われるものの、決断がつかず、見送ることに。

パレオは手描きを売りにしているけど、個人的には絵が上手でない。。。けど、妻は手描きパレオを買っていました・・・。手描きパレオ以外はホテルボラボラのお土産屋さんでも売ってるものが多いかな。

これ以上ヴァイタペへ向かっていくのは大変なんで、引き返すことに。驚いたのは、道路両端に穴がたくさんあいてて、大きな蟹がたくさんいたこと!!ヤシガニのような蟹。すぐに穴の中に潜っていくので臆病なのか、うじゃうじゃいました。

ホテルに戻ると、火曜日の夜にあるカクテルパーティの準備が進められていました。その前にお土産を買おうと、ロビー奥にあるお店へ。悩みに悩んだ挙句、リトグラフを買いました!こんな絵です。額を買わなければいけないんですが・・・。
f0086492_15483939.jpg


あとは、ついに見ることができなかったウミガメの形に黒蝶貝殻を削ったペンダントを購入。お餞別をいただいた友人カップルにも形の違うペンダントを購入。実に綺麗なペンダントでした。妻は石鹸をたくさん購入。部屋で流れていた音楽CDも忘れずに買いました(^^)♪

最後なんで、ホテル内をぶらぶら。
f0086492_15562949.jpg

カクテルパーティのための準備。
f0086492_15563974.jpg

水上バンガローにもさようなら。
f0086492_15564852.jpg

だんだん暗くなってきます。
f0086492_15591988.jpg


カクテルパーティは6時から。風が強くなってきたので、浜辺でのパーティは取りやめに。せっかく準備していたのに・・・。レストラン横のバーで開かれたパーティは、ホテルオーナーのおごりとのこと。無料で飲めて、軽食を食べられます。ドリンクはワインにビール、ソフトドリンクなど。軽食は巻き寿司!小さなサンドウィッチなんかもありました。米国アトランタからやってきた結婚20年目の夫婦と会話。僕らもそんな頃にまた来られれば・・・。
f0086492_16247100.jpg


夕食を食べる前にマンタを見にデッキへ。最後の晩もかっこいい姿を見せてくれ、いい写真が撮れました!
f0086492_1663379.jpg


夕食は、妻が「イセエビとドライトマトのパスタ オランダ風」。味にアクセントが無かったようで、塩と胡椒をふりかけて食べてました。僕はビーフにフォアグラが乗った料理。フォアグラがどろどろで、あまり美味しくなかった。やっぱり魚を選ぶべきだったか・・・。メニューにはグラタンと書いていたが、日本でイメージされるグラタンではなく、こんな感じでした。
f0086492_1611343.jpg


夕食時に日本人のメグミさんがやってきた。なんでも、マミさんがいない時には代わりに来ているらしい。「特にお困りのことは無いでしょうか」と聞かれたけど、明日にはボラボラ島を去る身。「請求書は必ずしっかり確認してください。悪意は無いけど、よく間違うから」とどこかで聞いたことをまた言われる^^;ボラボラ島民というか、タヒチって本当にそんなことがあるんですね。

部屋に戻ると請求書が届いたので、さっそく確認。間違いはありませんでした。バニラビーンズが入った、いいにおいがする竹筒のような木をいただきました。

寝る前になって、すごい日焼けに気づく。日焼け止めは塗っていたものの、ツアー時に服を着ていなかった両手の甲と、上着が小さかったため裾が足りなかった腰周りだけ真っ黒けっけに焼けてヒリヒリ(x。x)スノーケリングしたときに焼けたみたいでした。。。恥ずかしい焼け方やわぁ・・・。

翌朝、忙しくならないようにスーツケースを片付けて寝ました。最後に天気のいい日に当たって満足、満足(^。^)!
[PR]
by kokoro-rokuro | 2006-10-21 16:35 | ボラボラ島&イースター島

思い出の写真 其の四

雨で大変だった3日目から。

水上バンガローのテラスにあった植木鉢。
f0086492_2227163.jpg


こちらは部屋の中にあった植木鉢。
f0086492_22272854.jpg


明かり。どこでも花飾りは欠かせない。
f0086492_2231122.jpg


引き出し。ホテルボラボラのHだろうか。
f0086492_22313077.jpg


大きな籐?のいす。
f0086492_2232327.jpg


お風呂の足。
f0086492_2232359.jpg


お風呂の隣の洗面所。蛇口に特色!
f0086492_22334964.jpg


部屋に備え付けのドリンク。お金を払えば飲めます。
無料の水ボトル約1リットルが、ほかに毎日用意されます。
f0086492_22373261.jpg


エアコンはダイキン製。ぴちょんくん大活躍!
ついでに、室内にテレビはなく、電気製品はCDコンポとドライヤーぐらいかな。
日本のコンセントを使える差込口も完備されてました。
f0086492_22381018.jpg


ロビー横ではスリップ注意!
f0086492_22405778.jpg


こちらは立ち入り禁止!!
f0086492_22423413.jpg


ホテルの道路側入り口にあった看板。
f0086492_22441079.jpg


また見に来てくださいな(^0^)!
f0086492_22453580.jpg

[PR]
by kokoro-rokuro | 2006-10-19 22:47 | ボラボラ島&イースター島
待ちに待ったプライベート・ブルーラグーンツアー。天気と値段の関係から、半日ツアーにしたのですが、十分に満足できました^O^2人でCFP55000。

午前7時前に起床してデッキまで散歩。日本人カップルがいて写真を頼まれたので、快く了解^^!昨日の雨とは違い、よい天気。期待できそうです!!

(デッキにある魚のえさ用のパンをつまみ食いする鳥)
f0086492_6322197.jpg

f0086492_6331378.jpg


朝食はいつもと同じホテルのレストラン。僕はワッフル、妻はお気に入りのシリアル。パイナップルジュースを頼むと、果肉でどろっとしており、飲むというか食べるというか^^;
f0086492_6423892.jpg


朝食後、ツアーの確認をしにロビーへ。9時にデッキに集合ということ。各国語のニュースが無料で置いてあり、日本語版もありました。部数が少ないのかな?初めてお目にかかりました。

水着に着替え、ホテルから借りたままのスノーケルセットを持って9時前にデッキへ。ツアーの案内人はパトリックです。全身にタトゥー、金髪パーマでかっちょいい!!!
f0086492_6561124.jpg


ボートはこんなの。運転席の前方に2人で座り、ボラボラの風を満喫!
f0086492_7135189.jpg


ツアーはボラボラ島を(おそらく)反時計回りに進みました^^;海上から見ていると、ほかのホテルにはたくさんの水上バンガローがあるんですね。ホテルボラボラの水上バンガローの少なさにびっくり。っていうか、ほかのホテルは多すぎて、“巨大都市”な感じがしました・・・。新しいホテルも建設中で、次々と開発されていました。

ボートは浅瀬を進みます。遠浅で、白砂が海の色と混じり、言葉で言い表せられないぐらい綺麗なブルー。遠くではリーフにぶつかる波しぶきが見えるというのに、なんとも穏やか。

けっこう沖のほうへ行ってボートはストップ。先着の団体観光客さんがおり、案内人はパトリックのお兄さんだそうです!

ここではシャークとマンタの餌付け!!スノーケルセットを身につけ海へ。すでに集まってきています。ロープが張られていて、餌付け中はそれより先にいけないルール。いくらでも触れるので、難しいルールではありません^^!
(ふんどし一丁で餌をやるパトリック*^。^*)
f0086492_73657.jpg

(ちょっとたれ目?かわいらしい目のマンタ!)
f0086492_7425993.jpg

f0086492_7431452.jpg

餌は魚の切り身。パトリックがマンタの下側にある口に直接、持っていってあげたり、少し離れて泳ぐシャークに投げたり。マンタを触ると、まさしくコラーゲンたっぷり(^皿^)分厚かった!!シャークもつかず離れず。なかなか写真をうまく撮らせてくれません(汗)
f0086492_7451988.jpg

(つぶらな瞳のシャーク!)
f0086492_7461531.jpg

餌付け後は自由に泳げます。魚もすぐにいなくなることはなく、満喫!



次のポイントはコーラルガーデン。ここは有名ですよね!
先ほどの場所と違って深く、この日は、なぜか波が荒かったので泳ぐのに一苦労。ただ変わらないのは抜群の透明度。おっきなおっきなさんご礁がドーンと鎮座しており、その周辺に無数のトロピカルフィッシュが群れをなして泳いでいます。フランスパンを一本持って海中へ^^!
f0086492_804749.jpg


波が強いので、海水をジャブジャブ飲んでしまう(x。x)スノーケルグッズもうまく使えず、息をするのも大変・・・。妻も大変そうで、たまに抱えては、息を整える手伝いもする。魚たちは、そんな苦労も知らず、フランスパンだけでなく、持ってる僕の指にも噛み付いてくる^^;空手チョップで追い払うも、これには参った。。。

けど、やっぱり水中は素晴らしい。こんな世界は見たことない。
縞模様の魚が多かったですが・・・。
f0086492_8133824.jpg

f0086492_8134854.jpg

f0086492_8135814.jpg


もうこれ以上は耐えられない、と体力の限界を感じたのでボートへ戻ることに。いやぁ、疲れた^^;


次はモツ(小さな島)ヘ。少し雲がかかっているものの、正面にオテマヌ山を仰げる絶好のロケーション。白砂のビーチで、ずぅーと沖まで行っても膝下ぐらいの水深しかない、水が苦手な人でも十分に楽しめるモツ。団体客もいて、みんな思い思いにビーチリゾートを楽しんでいる様子。日本人はあまり見かけず、ほとんどが外国の方で、のんびりすごしました。。。
f0086492_8362114.jpg

f0086492_8253283.jpg

f0086492_827335.jpg


ビーチをぶらぶら。3世代の家族連れでこられてる外国人の方もいたりで、ほんわか。ここにも野良?犬が。ヤシの木が風になびき、ゆったりとした時間が流れます。
f0086492_8323851.jpg

f0086492_832498.jpg

f0086492_833166.jpg


ここで少し驚いたことが。ボートの方へ戻ると、パトリックが昼食を用意してくれていました。半日ツアーだったので、ランチはないと思っていただけにビックリ。水もジュースもヒナノビールもシャンパンもある、とグレードアップ(笑)
f0086492_841948.jpg

メニューは、左手前がグレープフルーツ、右手前はポワソンクルの上にマヒマヒのステーキ、中段左がマンゴー、奥は左からバナナ、タロイモ、ポテト、タヒチ伝統の揚げパン。マヒマヒが絶品。やはりタヒチは魚が一番美味しいなぁ^0^


で、もう最後に。帰りは島全体をボートで一周。ボートが小さいので大きく揺れます。けど、これがとっても楽しい。へたなジェットコースターよりもいい乗り物です^。^

途中、ボートが速度を落とし、パトリックがある水上バンガローを指差しました。「プールつきの水上バンガローで1泊5万ドルだ」。50万円?うん?about500万円(*。*)?え~~~!!!

5部屋限定らしいです。シュワルツェネッガー、二コールキッドマンらといったハリウッドスターが泊まるらしいです。「一晩に5万ドルだなんてクレイジーだ!!!俺の年収の●年分にあたるぞ(プライバシーのため、隠しておきます。自主規制。)」とヒートアップしていました。僕も同意です!

また、ヴァイタペ沖にはおっきなクルーズ船が停泊していました。ヴァイタペまでボートで乗り付けて、ボラボラを楽しむらしい。国旗を掲げた帆船?なんかも数隻、停泊していました。

ホテルボラボラに到着したのは1時半ごろ。パトリックと記念撮影してバイバイしました^。^!最後の最後で本当に天候に恵まれ、めちゃくちゃ楽しい時間をすごせました。パトリック、そしてボラボラ、ありがとう!
f0086492_92821.jpg


ホテル周辺でちょこっとスノーケリングして部屋へ戻りました。
f0086492_962862.jpg

f0086492_964045.jpg

f0086492_964911.jpg

[PR]
by kokoro-rokuro | 2006-10-15 09:24 | ボラボラ島&イースター島
短時間とはいえ、ぐっすり寝た妻は、なんとか回復した様子。これからアクアサファリだけれど、外は小雨。どうせ海に入るから、まいっかと水着に着替え、バスタオルを小脇に抱え、気楽に出かける。2人でCFP13600。

14時にデッキに集合だったので、待っていると、電話がリンリン。ロビーからで、迎えのボートが5分遅れるとの連絡でした・・・。

ボートには、すでに他のホテルでピックアップされたお客10数人で満員。ホテルボラボラからは僕ら2人だけでした。

キャプテンは金髪のテリー(♂)。年配の女性社員の方も(社員というのかどうか・・・)。

ボートで10分ほど走った沖合いに、碇を下ろしたボートが停泊しており、黄色いヘルメットがずらり。どうやらここが基地のようです。

日本語の説明書を渡されて熟読。気分が悪くなれば、胸の前で手を水平にしてヒラヒラさせる。これだけはしっかり覚えて、海中へ。私が一番乗りでした^^!1回あたり7人ずつぐらい、30分のダイブだったかな。

空気を供給するヘルメットを上からかぶせられ、階段を下りていざ海中へ。約3メートルぐらいの深さ。なるほど、海中には大きなさんご礁があり、魚の楽園でした(^0^)!
f0086492_22291916.jpg


胸からぶら下げたフランスパン(左の網の中)目掛け、色んな魚が襲来!!
f0086492_23372863.jpg


テリーが写真を撮ってくれて、妻の手をとって社交ダンスのように浮きながら一回転も。サービス満点です。

妻は感動したのか、胸の前で手をヒラヒラ。テリーと上昇していったので、もう30分がたったのかぁ、時間がたつのは早いなぁ、と素直に思っていました^^;

f0086492_23375434.jpg

f0086492_2338597.jpg


次は僕が浮上するかな?と思っていたら、周りの人が次々にあがっていって、僕がグループで最後に浮上。一番長くてラッキーだと思ったら、船上でブルブル震えてる妻の姿が・・・。

そういえば、あの手をヒラヒラするシグナルは!!!僕はすっかり忘れていましたが、妻は気分が悪くなったようです。さらに水中よりも外の方がめちゃくちゃ寒く、追い討ちをかけているようで、かろうじてバスタオルをまとっているだけでは気分が悪くなる一方のようです(>。<)

さらに、一番初めに入ったため、2~3組ぐらい、1時間以上、小雨で寒風吹きすさぶ中、待っておらなければならず、かなり辛そうでした・・・。妻にバスタオルを渡したので、僕も寒さを我慢する状態-。-;

ようやく帰ることになると、あと10分、と思いながら我慢を続け、やっと到着!!すると、妻も少しは復活した様子。心配してくれた女性社員やお客に対し、「OK!」と言って下船しました。

部屋に戻ると、すぐに熱~いシャワーを浴びて冷えた体を温めました。妻に体調を尋ねると、「海中に入って酔った。一回転が追い討ちをかけて気分が悪くなった」と。寒いというよりは酔っていたみたいです!!海中では耳がツーンとした状態で、辛かったようでした。




アクアサファリは海中に下りてそのあたりをぐるっと見渡す程度。『地球の歩き方』には、散歩できるような感じで書いてありますが、周辺をうろつくぐらいです。ヘルメット内に酸素を送るパイプでつながれているので、遠くに歩いていく、なんてことはできません。

天気が悪かったので、海中の景色もあまりよくなかったのかもしれないけれど、スノーケリングをしていれば特に申し込んで行かなくてもいいかな?という印象。ホテルボラボラ周辺のスノーケリングでも十分に太刀打ちできるぐらいの海中環境だと、個人的に思いました。

当たり前ですが、寒そうな日は防寒対策をしっかりすることが重要です。終わってもすぐに帰ることはできない可能性があり、辛いです。。。

f0086492_23424079.jpg



夜はホテルのレストランで食事。僕は「タヒチの伝統料理」という鶏肉とほうれん草をココナッツミルクであえたものを注文。甘味があっておいしかった。妻はビーフンを頼んでいましたが、油っぽくて、すごいしょっぱかった(>x<)!

f0086492_23443263.jpg


雨は夜も降り続く。ヤシの木が大きく揺れる。まだ見ぬ快晴のボラボラ島。最終日の明日に期待し、恒例のマンタを見て眠りについた。妻は薬も飲んで、復活したようだ。
[PR]
by kokoro-rokuro | 2006-10-13 23:54 | ボラボラ島&イースター島

思い出の写真 其の三

初めて潜ったボラボラの海。
青く光り輝く魚、縦じまの入った魚・・・。
f0086492_015091.jpg

使い捨てカメラもなかなか捨てたものではないかな?
綺麗な海と太陽光に助けられた感じもありますが。失敗も多いです(>。<)

こんなに曇っていたジープサファリ当日。
f0086492_092455.jpg


レストランの朝食で頼んだコーヒー。
ポットやカップ、皿は白で統一されて綺麗でした
が、ほとんどの食器は、どこか一部が欠けてました・・・。
f0086492_0114936.jpg

f0086492_012061.jpg


水上バンガローの表札。上の木の枝はチャイムの代わりかな?
f0086492_0141950.jpg


マティラビーチには、こんな建物が。
f0086492_019993.jpg

f0086492_0191979.jpg


ジープサファリではこんな街中もビュンビュン走ります!!!
f0086492_02451.jpg


その帰りに寄った黒真珠屋さんにあった大仏。不思議・・・。
f0086492_0213428.jpg


ハネムーン・ディナー後、デッキにて。おっきなマンタが回遊しています。
f0086492_02852.jpg


水上バンガローにもこんな照明が取り付けられていました。
f0086492_0273251.jpg

[PR]
by kokoro-rokuro | 2006-10-12 00:32 | ボラボラ島&イースター島