徒然に。イースター島&ボラボラ島旅行記がおすすめ!


by kokoro-rokuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:白川郷 ( 7 ) タグの人気記事

恒例となっている世界遺産・白川郷のライトアップが今年も始まったようだ。昨年と同じく、雪は少ないようで地球温暖化を考えさせられてしまう。屋根にこんもりと積もった雪を見てみたい。これでは寂しいなぁ。


●引用開始●

合掌家屋:幻想的にライトアップ…岐阜・白川村の世界遺産
f0086492_2330219.jpg
わずかに田んぼのあぜに雪を残す中、ライトアップされる合掌家屋=岐阜県白川村で2008年1月19日午後6時38分、小林努撮影 

岐阜県白川村で19日、世界遺産の合掌集落のライトアップが始まった。
 昨年暮れからの豪雪も一休みし、集落の積雪は約50センチ。午後5時半過ぎ、国の重要文化財の「和田家」など、大小の茅(かや)ぶきの合掌家屋がライトに浮かび上がり、防寒具で身を固めた見物客たちは雪国の神秘的な光景に感嘆の声を上げた。
 ライトアップは豪雪に悩む村が冬場の観光対策に始め、今年22回目。世界遺産の知名度も手伝い、全国から見物客が訪れる。
 来月16日までの毎週土曜日を中心にあと6回行う。車の混雑を解消するため、バスの入村は完全予約制となっている。【奈良正臣】

毎日新聞 2008年1月19日 19時20分 (最終更新時間 1月19日 22時15分)

●引用終了●


きょうは亡くなったばあちゃんの49日法要だった。仕事が入っていたので参加できなかったが、ばあちゃんは明かりに照らされて天国へ無事に旅立ってくれたと思う。
[PR]
by kokoro-rokuro | 2008-01-19 23:35 | 白川郷
今日から五箇山の相倉集落でライトアップが始まったようです。やはり雪は少ないですが、僕が行ったときとは違って吹雪いていないので、透き通って光り輝いてます。こないだのツアーでは確か、相倉でのライトアップはことしで2回目と聞いた覚えがあります。去年とはライトの当て方が違うらしい。。。

ちなみに、岐阜県白川村の白川郷ライトアップは今晩で終了。雪が少なく、あまり観客が集まらなかったりしたのかなぁ。



●引用開始●


闇に浮かぶ幻想美、五箇山の合掌集落がライトアップ

「白川郷・五箇山の合掌造り集落」として岐阜白川郷地域とともに世界遺産に登録されている富山県南砺市の相倉(あいのくら)合掌造り集落が17日夜、ライトアップされ、かやぶき屋根の家屋15戸が暗闇に浮かび上がった。

 集落のある五箇山地域は毎冬積雪2~3メートルにもなるが、暖冬のため17日現在の積雪はわずか50センチ。集落に暮らす民宿経営池端良公さん(46)は「一度も雪下ろしをやらない冬は初めて」と話していた。

 点灯は24日までの午後6時~8時。

(2007年2月17日22時1分 読売新聞)

f0086492_23321443.jpg

ライトアップされた家屋が浮かび上がり、幻想的な雰囲気の相倉集落(富山県南砺市で)=佐々木紀明撮影

●引用終了●
[PR]
by kokoro-rokuro | 2007-02-17 23:35 | 白川郷

ほのかな灯かり

五箇山であった合掌造りのライトアップへバスツアーで行ってきました。屋根の雪は少ないものの、ほのかな灯かりに浮かび上がる世界遺産の美しさに見とれてしまいました。詳しくは後日。今日はせっかくなので、大きい写真を掲載します!
f0086492_1125952.jpg

[PR]
by kokoro-rokuro | 2007-02-12 01:14 | 白川郷
白川郷の隣の世界遺産「五箇山」へ、合掌造りのライトアップツアーへの参加が決まりました!!バスツアーに空席があった上、仕事の休みを取れたことが大きな理由。撮影ツアーのためか、料金もけっこうお手ごろです^。^


ライトアップを撮影するため、三脚の購入手続きをすませました。もっとカメラの使い方を習熟し、納得できる写真が撮れればいいな。大雪も期待したい。現地の人にはご苦労かけますが・・・。


とりあえずは、五箇山豆腐を目標に仕事に励みます!(・▽・)!



何も無いのも寂しいので、12月下旬に行った白川郷の合掌造りをどうぞ。
f0086492_2215599.jpg

[PR]
by kokoro-rokuro | 2007-01-29 22:18 | 白川郷
白川郷で2007年のライトアップが始まりました。スポットライトに照らされた合掌造りが浮かび上がっています。今年の特徴は雪が少ないことのようですね。。。


●引用開始●

ライトアップの合掌造り 世界遺産・白川郷(共同通信)

世界遺産に登録されている白川郷(岐阜県白川村)で20日夕、合掌造り集落のライトアップが始まった。照明のスイッチが入ると、かやぶき屋根の集落は幻想的な雰囲気に包まれた。夕闇に次々と浮かび上がる伝統的な木造家屋。今年は暖冬のため、例年なら約2メートルの積雪は約40センチという。高台の展望台には多くの観光客。静寂の光景を目の前にして「きれいだね」と感嘆の声が上がった。

f0086492_2313405.jpg

ライトアップされ、雪深い山里に浮かび上がった白川郷の合掌造り集落=20日夕、岐阜県白川村

●引用終了●

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by kokoro-rokuro | 2007-01-20 23:24 | 白川郷

白川郷から下呂へ

ぐっすり寝て朝7時半から朝食。つやつやのご飯がたまらなく美味しい。山菜、赤カブ、大根・・・。朴葉味噌がエノキとなじんで、甘い。朝からおかわりしてしまった^0^食後にコーヒーもいただきました。
f0086492_23355856.jpg

f0086492_2336795.jpg


食後は村を散歩。よく写真で見る、合掌造りが3軒連なったとこへ足をのばす。
f0086492_23393346.jpg


気になっていた喫茶店が8時半に開店したので立ち寄る。一茶から少し離れたところにあるお店。最近できたらしく、メニューはコーヒー500円だけ。クラシックが流れる。妻いわく、味は普通。アメリカンぽく、ちょっと薄いのかな?2階がギャラリーになっていて、写真家の撮った白川郷の四季折々を紹介していた。前に明善寺や合掌造りを眺めながら飲むのは贅沢でした。。。
f0086492_23463633.jpg


チェックアウトの10時が近づいてきたので、宿へ引き返す。宿のおばあちゃんに聞くと、一茶は数年前に改装したばかり。床を張りなおすなどしたらしい。1泊2日8400円が基本料金です。
f0086492_235134.jpg



バスに乗って高山を経由し、鉄道で日本三名泉の一つ、下呂へ。到着が昼だったのでまずは食事。「桃太郎」という品種のトマトが有名のようで、トマト丼を開発した菅田庵へ。タクシーで駅からワンメーターぐらい。
f0086492_23541918.jpg


ガイドブックに載っていて元祖ということなので、わざわざ行ってみたが、接客が最悪。食べる前から不快に。詳しくは書きませんが、元祖であることに胡坐をかいている。トマト丼はまずまず。トマトの量が少ない。甘~い牛丼にトマトが申し訳ない程度に乗っていた。1人前840円。
f0086492_2358213.jpg


さらに隣にある下呂温泉合掌村へ。入場料800円は高すぎる気が。。。下呂はゲロと蛙がいたるところに描かれている。これは何の意図があって作られたのだろうか・・・。レオタード姿のカエル。
f0086492_05322.jpg

足湯があって気持ちよかったが、市内には無料のところがたくさんあるから・・・。年間、どれぐらいの入場者数があるのか・・・。

下呂といえば温泉なので、「クアガーデン」にも行く。ここも愚痴が出るが、止めておきます。泉質は満足。なめらかしっとり。肌の調子が良くなります。下呂温泉は女性にもってこいじゃないでしょうか。

タクシー運転手に聞いて行きたかったのが禅昌寺。歴史の教科書で出てきた雪舟の達磨絵があるとのこと。当日は年末の休業期間で見学できなかった。。。残念。。。

街中には可愛らしいマンホールが。カエルに白鷺かな?
f0086492_0235570.jpg

f0086492_024724.jpg


特急に乗って帰宅しました。白川郷は四季折々の表情を追ってみたいと思いました。
[PR]
by kokoro-rokuro | 2006-12-28 23:28 | 白川郷

世界遺産「白川郷」へ

ことし2カ所目となる世界遺産、岐阜県白川村の白川郷へ1泊2日で行ってきました。1995年12月9日に登録された。12月下旬だというのに雪はまったく見当たらず、肩透かしを食った感じ。快晴だったが「枯れた白川郷」という言葉がぴったしの風景だった。合掌造りは日本の原風景のよう。
f0086492_22141824.jpg


JR東海の飛騨路フリーきっぷを使って岐阜県高山市まで。そこから濃飛バスに乗って白川郷へ。けっこう遠かった。

昼過ぎに到着。であい橋を渡って荻町集落へ入る。
f0086492_22202573.jpg




橋を渡ってすぐのとこにある合掌造りの宿「一茶(いっちゃ)」に泊まりました。顔を出して到着の挨拶をする。ネットでのクチコミ評価がすごくいい通り、感じのいい女将さん。
f0086492_2301152.jpg

挨拶もそこそこにお腹を満たすため集落内の蕎麦屋「乃むら」へ。村で採れたそばを使ったお店。更科に近く、舌先に甘さが残る。とっても美味しく、満足。セットで頼めば山菜ごはん付き1000円。
f0086492_22264536.jpg

f0086492_2226523.jpg


あとはぶらぶらっと。綺麗な水があふれる用水路にはニジマスが。合掌造りの内部には大きな太い柱が何本も使われていた。「結」と呼ばれる互助組織で屋根の葺き替え作業を約30年おきにしていく。合掌造りの建物は現存で約110棟。
f0086492_22345077.jpg

f0086492_2235615.jpg

f0086492_2235175.jpg


漬物が印象に残った赤カブ。マンホールも白川郷独自のものだった。
f0086492_22371820.jpg

f0086492_22372775.jpg


白川郷の湯」にも入浴。宿で会員カードを借りれば1人500円で入湯できます。無色透明のお湯で、肌にしっとりとまとわりつく。温度も高すぎず低すぎず、いくらでも入ってられる。肌が滑らかになる泉質で、十分に満足できた。宿泊もできるようです。
f0086492_22423138.jpg


温泉を堪能した後は6時から宿で夕食。山菜を中心とした食事。光り輝くつやつやのご飯。村名物の石割豆腐、飛騨牛の朴葉味噌焼き、鮎の塩焼きと絶品の田舎料理が並ぶ。
f0086492_22475070.jpg

宿を一茶にした理由の一つが夕食にあります。お願いすればプラス1000円で熊汁を出してくれること。薬となる熊の胆を目当てに、主人が春先に仕留めに行くらしく、その肉を提供しているらしい。少し硬く、臭みのある肉で、いい味がしみ出ていた。初体験。お腹いっぱいになりました。
f0086492_22501946.jpg


部屋はこんな感じ。ここは小さいほうの宿らしく、全部で5部屋しかない。豆炭を抱いて寝たため、一晩中暖かく快適だった。こんなに暖かさが持続するもんなんやねぇ(・0・)!
f0086492_2253344.jpg

静かな夜をぐっすり眠りました・・・。
[PR]
by kokoro-rokuro | 2006-12-27 23:12 | 白川郷