徒然に。イースター島&ボラボラ島旅行記がおすすめ!


by kokoro-rokuro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今朝の朝日新聞(名古屋本社発行)の社会面に、興味深い保険の話がでかでかと載っていた。ガン保険に入っていてガンと診断されても、保険金を出さない会社があるという内容。これではなんのためのガン保険か。


記事によると、愛知県の女性が腎臓ガンの疑いで大学病院で手術を受けることになった。画像検査ではガンかどうかはっきりしないため、手術中に「迅速病理診断」で確定することに。結果、ガンと診断され、摘出された。ところが3週間後、最終的な診断である手術標本の「病理診断」で、ガンではなく良性腫瘍であることが分かった。

女性はガンと診断されたときに保険金が支払われる第一生命の「特定疾病保障終身保険」とアメリカンファミリー生命保険(アフラック)の「がん保険」に加入していたため、保険金請求すると、第一生命は「不支給」、アフラックは「支給」と判断が分かれたという。

第一生命は「最終的な病理診断でガンではなかったのだから保険金給付の対象とはならない」と説明。一方のアフラックは「迅速病理診断の段階で『ガンの疑い』なら支払わないが、その時点でガンと確定している。診断に基づき手術が行われたのだから、給付対象となる」と話しているという。

判断は分かれたが、以下に紹介するように両社のガンの定義はほぼ同じ。同業他社にも取材していて、日本生命、住友生命は「支払わない」、アリコジャパンは「支払う」と回答したという。

【第一生命】
医師により病理組織学的所見(生検)によって診断確定(病理組織学的所見が得られないときは、他の所見による診断確定も認めることができます)されたとき
【アフラック】
医師によって病理組織学的所見(生検を含みます)によりなされたものでなければなりません。ただし、病理組織学的所見が得られない場合には、その他の所見による診断確定も認めることがあります。

日本病理学会理事長によると、迅速診断と最終診断で結果が食い違うことはまれに起こることらしい。「迅速診断は限られた条件の下ではあるが医師の判断であり、その結果には重きを置いてほしい」と注文している。


この記事を読んでいると、カタカナ文字系の会社なら支払われそうだけど、古くからある日本の企業では支払われる可能性は低そうだ。僕の東京海上日動火災保険はどうなのだろうか。入るときは「ガンと診断されたら100万円」と言われたけど、こんな記事の状況を聞いたことはない。いつも保険の相談をしているおばちゃんに聞いてみよう。カタカナ系ならうれしいけど(^。^)


病理診断については、日本病理学会がパンフレットをPDF形式で配布している。迅速病理診断だけ紹介します。

●引用開始●

手術中の迅速診断
胃や大腸など内視鏡で到達できる部位、皮膚や乳房など針を刺したり切開を加えたりすることで病変に到達できる部位では、手術前に生検を行って病理診断します。しかし、病変が体の深い部分にあるために生検が難しい場合、手術前に病理診断ができず、「術中(じゅつちゅう)迅速(じんそく)診断(しんだん)」を行います。術中迅速診断では、手術中に採取された病変組織から10分程度で病理診断が行われます。診断結果は執刀医に連絡され、手術方針が決定されます。病変がとりきれたかどうかの確認のため、手術によってとりだされた臓器・組織の断端を調べたり、がんの転移が疑われる部分を調べて手術で切除する範囲を決めたりするときにも、術中迅速診断は役立ちます。

※組織や細胞の採取は、外科医・内科医・産婦人科医などの臨床医が行いますが、採取された組織からつくられた標本を顕微鏡で観察して診断するのは病理医です。正しい診断には、臨床医と病理医の連係プレーが欠かせません。

●引用終了●
[PR]
by kokoro-rokuro | 2007-12-31 18:22 | 徒然なるままに

投資のための保険

久々に保険の話。今回は投資がメイン。投資というと元本割れが怖い性格の僕ですが、変額保険でありながら、「年金として受け取るなら元本保証」という保険商品に申し込むことにした。

f0086492_212604.gif


一つは東京海上日動フィナンシャル生命の「グッドニュース」。以前にも説明を聞いた商品です。110%、120%、130%、140%から目標値を決め、運用する。運用期間は10年だが、3年経過して目標値に到達すると、自動的に確定してくれるのが特徴で、その後に運用率が下がっても関係ない。目標値に到達すると解約しても良く、5年以上経過してから払い戻しを受けると税金も掛からない。

逆に10年たって払い込み額を下回っている場合、年金として15年に分けて受け取るなら元本は保証される。一括受取は90%を保証してくれている。この場合は、まさしくゼロ金利と同じ状況。塩漬けしたのと同じでもったいないことになる。

ただ、説明によると、120%ぐらいの目標値なら6~7年でほぼクリアするということなので、信頼して申し込むことにした。説明してくれたファイナンシャルプランナーの方も、この商品で運用しているようです。

f0086492_21493920.gif


もう一つはアイエヌジー生命保険の「スマートデザイン123」。こちらは110%、120%、130%に到達すると、後はいくら下がっても目標値をキープしてくれる。こちらは最低10年は置いておかないといけない。元本保証がされているので、10年たったところで運用益がマイナスになっていても最初の払い込み額は戻ってくる。さらにこちらは一括で受け取ることも可能。また、目標値に到達するたびに郵送で教えてくれる便利な機能も。



投資信託では元本割れも覚悟しないといけないが、これらは元本保証されるので、目減りすることはない。ただ、ゼロ金利の可能性はある。銀行に預けていれば、なんて後悔をするかもしれない。投資信託と比べ、利回りは少ないかもしれないが、マイナスになることが怖いので仕方ない。果たして長い目を持って運用していけるのか。。。


2月に申し込んだアリコのレグルスⅢ。当時は1ドル120円ぐらいだったが、今は111円ぐらいなので、申し込むなら今のほうが得かもしれない。ただ、予定利率が下がっていれば一概にそうとは言えないけれど。


ファイナンシャルプランナーの方が言っていたけど、為替も株価も、これからどう動くかなんて分からない。投資信託を買ってハラハラドキドキするよりかは、楽ちんかなと思って購入を決めました。人それぞれの考えがあるかもしれませんがね。

そんなこといいながら、米国のサブプライムローンの焦げ付きに端を発した現在の株安の状況を見ていると、買うなら今がチャンスかなぁとも考えてます。買う手段を勉強しないといけないので、まだまだ時間は掛かると思いますが。。。
[PR]
by kokoro-rokuro | 2007-08-18 21:58 | 徒然なるままに

保険屋の行政処分

ポストを見ると、東京海上日動火災から、封書が届いていた。

中身を確認すると、「弊社に対する行政処分についてのお詫びとお願い」とのこと。3月14日に金融庁から処分を受けたそうだ。今日は3月31日。命令を受けて2週間以上も顧客への連絡をほったらかしにしてたのか。。。この姿勢からして呆れてしまう。

医療保険やがん保険などの第三分野商品で、「保険金のお支払い業務において不適切な取り扱いがありましたため」だそうな。

「不適切な取り扱い」って???まったく書いてない(-。-メ)

処分を受けてさえ、こんな隠し事ばかりの文書を送りつけてくるなんて、再発を防ぐ覚悟はあるのか。今回の届出は3回目ぐらいの調査結果報告じゃなかったっけ。探せば探すほど不払い件数が増えている会社にしては、ぬるい手紙だ。

僕ら顧客は、病気になって多額の支払いを求められるときに備えて保険を掛けているにもかかわらず、東京海上はこれまで払っていなかったのか。保険屋の基本がなってない。。。

ついでに言うと、もっと分かりやすい文章を送ってほしい。処分を受けるような不適切な業務って何?あんた達なにしたの?この謝罪してるような文書では分からんで!!!



☆追記☆
保険代理店の方のブログでも怒りの内容がありましたので、リンクしておきます。
生命保険 ここが知りたい
[PR]
by kokoro-rokuro | 2007-03-31 22:19 | 徒然なるままに

資産運用事始め

久しぶりに保険の相談に乗ってもらうため、保険相談センターへ。今回のテーマは資産運用です。

つい先日、日銀が金利の利上げを決定し、月曜日には普通預金、定期預金金利が上がる予定とはいえ、スズメの涙でしかないことには変わりがない。

「投資を考えらえれてみては?」と提案を受け、金融商品を2つ紹介してもらいました。アリコの個人年金保険「Regulus(レグルス)Ⅲ」と、東京海上日動フィナンシャル生命の年金受取総額保障付変額個人年金保険「グッドニュース」。どちらも元本保証である点が初心者向けだということで勧めてくれました。


f0086492_15584590.jpg

アリコの商品は米ドル建てで資産運用する。円、ユーロ、豪ドル建てもあるが、利率の良さや通貨の安定性から米ドルがいいのではないかという判断。今は、毎月2回変わる積み立て利率が高い水準らしい。為替レートは毎日午前十時半に変わる仕組み。

円安のため、どうかなぁと思ったけど、10年運用なら積み立て利率が高いので、円へ交換する際も、1ドル82円になるまでは損は発生しない状況(交換手数料は別途)。もちろん、円高になっていればドル預金しておけばいいだけで、海外旅行先でドルを使うなら何の損もない。

受け取りは、今なら10年運用で払い込み金額の1.5倍になるみたいです。こんなおいしい話があるのかと、少々不安もあって持ち帰ってきましたが。

最初に振り込んでしまえば後はほったらかし。ほとんどリスクのない商品にしか思えない。相談したファイナンシャルプランナーも利用している商品らしいので、信じてもいいかと前向きに検討しています。


f0086492_15593731.gif

東京海上の商品は、初めに払い込む元本をどれぐらいに増やすか、目標値を決める。110,120,130,140%から選ぶ仕組み。運用期間は10年で、中途解約の手数料は掛からない。3ヶ月ごとに運用成績を教えてくれ、目標額に到達すると利益を確保してくれる。初心者には勉強にもなっていいのではないかと勧めてくれました。

目標に到達しない場合は、元本保証のため、年金として受け取ると、全額保障される。一時金では90%の返金になる。

デメリットとしては、下回った場合、10年後にはまだ年金として受け取る必要がないこと。またその場合、結果的に10年間、塩漬けさせたままになってしまうこと。預金より低利率になる。契約して3年以内は目標値に達しても運用成果が確保されないこと、などが考えられる。



銀行窓口で販売されている投資信託は元本保証されていないことでトラブルが相次いでいる。元本保証されていることを考えると、預金しておくだけよりはお得なのかも。ただ、急な出費にも対応できるように留意しておかないと。。。
[PR]
by kokoro-rokuro | 2007-02-25 16:14 | 徒然なるままに

保険、その後も考えた

夕方から、生命保険などに加入した際にお世話になった保険相談センターへ行ってきました。というのは、最近、職場でA社からドル建ての終身保険を勧められたため。生命保険は家計収入保障保険だけの現状を見つめ直すことにしたからです。


まず現状。家計収入保障保険に入ったのはなるべく小さな掛け金で大きな保障を得て、将来、できる限り少ないローンで家を持てるよう貯金に励むため。ローンは早い時期に繰り上げ返済することが利息を多く払わない最善の方法らしいです。横道にそれましたが、医療保険ではガン、三(五?)大疾病、普通の病気に備えており、障害保険にも加入しています(←こないだ入ったばっかりなのに、すでにあやふやな状態の自分が情けない・・・)。


そういった現状を踏まえ、終身保険です。すなわち、退職後の蓄え。これまで、百万円ぐらいのお金が死んだら嫁様に出る、という認識しかなかったものの、貯蓄性が高く、払い込みが終われば複利で増え、取り崩しながら使える便利な保険という認識に変わったかな?


A社から進められたドル建て保険で基本的には悪くないとのこと。ただ、最低保障が20万ドルと高額で、月々米ドルで払い込むということは、為替変動で保険料が千円単位ぐらいで変動することになり、続けられるかリスクが大きいとのこと。


老後の生活費のため、退職時に保険で1500万円ぐらいは貯まっているように、ドル建てと円建てを半々ぐらいで積み立てるのが理想ではないかと助言されました(為替リスクなどを回避するため。老後はドルを使う海外で暮らす場合などは当てはまりません)。その場合、ドル建てで最低保障7-8万ドル(700-800万円分ぐらい)になるので、月々の変動も抑えられ、将来の解約を極力回避できるようです。若いうちからはじめると月額保険料も割安で済みます。


また、現在はドルの利率がいいので、10年で元金が1.5倍ぐらいになる保険(積立利率変動型個人年金保険)も紹介を受けました。銀行に預けても低金利時代の今なら「虎の子も子トラのまま」で、それと比べればかなりお得な商品です。円高になっていればそのままドル預金とし、円安になるときを待つ。海外旅行に行ってそのまま使ってもOK。10年後に海外旅行へ行くため、お小遣いがほしいという理由で加入される方もいるようです。

この保険は一時払いなので、加入するときは、たとえば1万ドル(約117万円)を一括で払い込む必要があるので、海外旅行資金として考えるぐらいが気楽なのかな?あるいは、ローンの繰上げ返済資金とか。資金運用の側面が強い商品といってよいのかしら・・・。中途解約は元本割れですが、10年後は元本割れもないので、安心です。

元本割れがないのは主に債権を運用しているからとのこと。これなら利息は確定さえていますもんね。元本割れがある変額保険?は株式の運用も含まれるので、リスクが高いようです。


で、子供が生まれたら、保障を手厚くする必要があるので、15年で払い込みが終わる数百万円の終身保険が最適ではないかとのアドバイス。先に払い込み終わっていれば複利で増えていくのでお得らしい。15年だとこれから高校、大学生になるごろでしょうから、ちょうどいいですね。

ちょっと保険のセールスマン風ブログになってしまいましたが、保険は本当に奥が深い。知らないことが次から次へと出てくる。ファイナンシャルプランナーって賢いですね。お金のプロですわ。

今日のブログは僕の備忘録でもあります^^;間違っていればご指摘ください。そして、これを元に間違われても責任は取れません。単なる個人的な日記ですから(>0<)!


けど、こういうことって普通に暮らしているだけだと知らないままですよね。今日は、保険の必要性を確認するため、給料などの情報もお伝えして今後の貯蓄予想や出費予想もはじき出してもらいました。まだこれから何十年も先のこと、どうなるかわかりませんが、若いうちから考えておくのも悪くないなぁと感じました。
[PR]
by kokoro-rokuro | 2006-09-30 22:53 | 徒然なるままに

保険

陶芸とはまったく関係ありませんが・・・。

今日、生命保険(医療、障害も)に加入しました。
結婚式を控えており、保険のひとつにでも入っておかねばということからです。

入るからには内容を理解して、自分にあった保険を選ぼうと、保険無料相談センターへ。なかなか便利なとこですねぇ!!!いろんな会社から自分にあった保険を選んでくれる。相談は2度目だったんですが、納得してハンコを押してきました(^^)

実は国内最大手N生命のお姉さんに勧められた保険もあったのですが、私が加入したプランの充実ぶりを見てNの方は勧誘をあきらめてしまいました(連絡が来なくなりました)。そのお姉さん、座ってるだけで保険の契約が取れるなんてズルイ、と営業の辛さを語ってくれました。しかし、こういったセンターは各地でできているようですし、これからは働き方が変わるんでしょうか???

センターで担当してくれた女性には「ハンコをひとつもらい忘れましたので明日も寄ってください」と言われてしまいましたがね^^;
[PR]
by kokoro-rokuro | 2006-05-30 23:37 | 徒然なるままに