徒然に。イースター島&ボラボラ島旅行記がおすすめ!


by kokoro-rokuro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:郵政民営化 ( 1 ) タグの人気記事

麻生丸沈没

普段のブログとはまったく違う話になりますが、小泉純一郎元首相が鋭い発言をしたので、記録として書き記しておこうと思います。


●引用開始●

【産経新聞】
【小泉元首相による麻生首相批判のあいさつ全文】「総理が前から鉄砲を撃っているんじゃないか」2009.2.12 20:00

自民党本部で行われた「郵政民営化を堅持し推進する集い」で激しい麻生首相批判を行った小泉純一郎元首相 =12日午後6時10分、千代田区平河町の自民党本部(荻窪佳撮影) 小泉純一郎元首相が12日、自民党本部で開かれた「郵政民営化を堅持し推進する集い」の幹事会で、麻生太郎首相の郵政民営化発言を批判するなどしたあいさつの内容の全文は以下の通り。

               ◇

 私は最近の総理の発言について、怒るというよりも、笑っちゃうくらい、ただただあきれているところなんです。一昨日も総理から話がしたいということで電話で話をしたんですが、そのときに、たまたま小野次郎代議士のブログに「総理それはないでしょう」というのを読んでいたんです。もう一つ、世耕(弘成)参院議員の「それをいっちゃあおしめえよ」。だからね、総理にね、「こういう意見が耳に入っていないでしょうから、官邸にこの小野次郎さんの文章と世耕さんの文章をファクスで送るから、よく読んでおいてくれ」と言っておきました。

 大体、総理の方針とか、執行部の方針に批判的な意見を若手が出すとね。執行部からは、「後ろから鉄砲を撃つな」という押さえ込みがかかる。最近の状況はね、「総理が前から、これから戦おうとしている人たちに鉄砲を撃っているんじゃないか、発言は気をつけてくれ」とよく言っておきました。

 私についてもね、「常識の通じない男」だとか、「奇人変人」とか言っているようだけど、私は自分では常識をわきまえている普通の人だと思っているんです。これから皆さん、遅くとも9月までには選挙を迎えて戦わなければならない。自民党がどうなっちゃうかみんな心配しています。私もたまには非常識なことをするかもしれませんけれども、大体、政治においては常識的な路線というところに持っていくために、よく、話し合うことが必要だと思っています。これからも、衆院の発議権と参院の発議権が違う場合が起こるかもしれません。そういうことを考えますとね、今、政局より政策優先だという国民の声が強い。だから衆院の意見と参院の意見が違ったら、どういう政策ならば、対策ならば国民の納得ができる案を(できるのか)よく協議してもいいのではないかと私は思っています。

 定額給付金の発言についてね、総理は「さもしい」とか「自分はもらわない」とか、いろいろといっていますけどね。この問題についても、私は本当にこの法案が3分の2を使ってでも成立させなければならんような法案とは思っていないんです。もう私は次の選挙では引退表明していますから、あまり多くのことはいいませんが、「あのとき賛成したけれども、実はそうではなかったんだ」と言いたくないから、この定額給付金についてはもっと参院の意見と調整して、妥当な結論を出してほしいなと思っている。

 これから皆さんは、選挙を目前にして戦わなければならないし、国民の理解を求めなければならない大事な時期ですよ。ぜひとも9月までには国民に信を問わなければならないのですから、政治で一番大事なのは信頼感。特に総理、総理の発言は信頼がなきゃ選挙は戦えないんです。信頼が大事だということを肝に銘じて、何とか難局を切り抜けるように皆さんと一緒に良い知恵を出していきたいと思い、今日は意見を聞かせてもらおうと思った。

f0086492_033219.jpg


【読売新聞】
「前から鉄砲撃っている」「選挙戦えない」…小泉氏の発言要旨
 「郵政民営化を堅持し推進する集い」役員会での小泉純一郎氏の発言要旨は次の通り。

 最近の(麻生)首相の発言について、怒ると言うよりも笑っちゃうぐらい、ただただあきれてしょうがない。一昨日、首相から「話がしたい」というので、電話でお話ししたが、「小野次郎衆院議員、世耕弘成参院議員の(ブログ上の首相批判の)文章をファクスで首相官邸に送るから、よく読んで下さい」と言った。

 首相、執行部の方針に批判的な意見を若手が出すと、執行部からは「後ろから鉄砲を撃つな」と押さえ込みがかかるが、最近の状況は、首相が前から戦おうという人に鉄砲を撃ってるんじゃないか。「発言は気をつけてくれ」と言っておいた。

 私についても(首相は)「常識の通じない男だ」とか「奇人変人」とか言ってるようだが、自分では常識をわきまえている普通の人だと思っている。9月までには選挙を戦わなければならない。自民党がどうなるか、みんな心配している。私もたまには非常識なことをするかもしれないが、常識的なところに持って行くためによく話し合うことが必要だ。

 ねじれ国会は、決してそんなに悪いことじゃない。今、政局より政策優先だという国民の声が強い。衆院、参院で(政策が)違ったら、国民の納得できる案を協議してもいいんじゃないか。

 定額給付金についても、首相は(高額所得者が受け取るのは)さもしいとか言う。「自分はもらわない」「いやそんなことは言ってない」とか、いろいろ言っている。私はこの法案が(衆院の)3分の2を使ってでも成立させなくてはならない法案だとは思ってない。「あの時賛成したけど、実はそうではなかった」と言いたくない。もっと参院と調整し、妥当な結論を出してほしい。

 9月までには国民の信を問わなくてはならない。政治で一番大事なのは信頼感。特に首相の発言に信頼がなければ、選挙が戦えない。(2009年2月12日22時57分)


●引用終了●


これで麻生政権は息の根を止められたと言って間違いない。国民の思いを敏感に感じ取れる小泉元首相と、まったく空気を読めない麻生首相。定額給付金は3分の2を使ってまで押し通す政策でない、と言ってしまえるところが、引退を表明したのに小泉待望論を巻き起こしてしまうゆえんなんだろう。


「奇人変人」「民営化には反対だった」「地方分権は失敗」と好き勝手に言ってしまったしっぺ返しは強烈。


お墨付きを得た山本一太、片山さつきら若手が堂々と政権批判し始めてしまった。小泉発言は結果として、民主党にもエールを送っている。はからずも「自民党をぶっ壊す」と公言していた小泉元首相の筋書き通りに進みそうだ。


●引用開始●

【時事通信】
「麻生首相はもう持たない」=小泉発言で鳩山民主幹事長
 民主党の鳩山由紀夫幹事長は12日夜、小泉純一郎元首相が郵政民営化をめぐる麻生太郎首相の発言を批判したことに関し、都内で記者団に「麻生首相はもう持たない」と指摘した。さらに「自民党内でも一番人気のある元首相の発言だ。国民のために真剣に考えるべきだ」として、早期退陣を要求した。
 鳩山氏はまた、小泉氏が定額給付金の財源を確保する2008年度第2次補正予算関連法案の衆院再可決に難色を示したことについて「言っている通りだ」と歓迎。「小泉氏を信奉する方々は、小泉氏の思い通りに行動してほしい」と述べ、採決での造反を促した。 
 一方、民主党の菅直人代表代行は記者会見で、小泉氏が首相時代に麻生首相を重要ポストに起用し続けたことに触れ、「今になって麻生さんを『笑ってしまう』と言うのは、眼力のなさを笑われる。自ら恥じるべきだ」と小泉氏を批判した。
 社民党の重野安正幹事長は、給付金に関する発言について「関連法案が重要でないことの証左だ。自民党は内部から瓦解が始まった」との談話を発表した。(了)(2009/02/12-22:24)


●引用終了●


それにしても、小泉さんって、他人から貶められると、徹底的にやっつけてしまうところがある。恐ろしいことだけど、それぐらいできないと国会議員はやってられないんだろうな、と思わされる。今回は麻生首相を窮地に追い込んだけど、国民新党の亀井静香にも裏切られたことがあったから郵政民営化で仕返してやったと、テレビでみた覚えがある。


近々選挙がやってきそうかな。そのときは自民党も分裂気味になるんでしょうか。いずれにしても、55年体制、細川政権誕生に続く歴史上の分岐点になることは間違いなさそうです。


●引用開始●

麻生首相小泉氏の「虎の尾」踏み怒り買う

 麻生太郎首相が12日、郵政民営化見直し問題をめぐり、民営化を推進した小泉純一郎元首相から手痛い反撃を受けた。首相は低姿勢で沈静化に努める構えだが、一連の発言が小泉氏の「虎の尾」を踏んだことが浮き彫りになった格好で、自民党内に火種が残るのは確実だ。

 首相は12日の衆院本会議で、自らの発言をめぐり「今後誤解のないように努めていきたい。慎重に発言していきたい」と珍しく率直に反省の姿勢を示した。ただ、あくまで批判は「誤解だ」として、2005年の郵政選挙の争点は「いくつに分社化するということより、民営化するかどうかだった」として、4分社化の是非が問われたわけではないとの認識を重ねて示した。

 首相にとって気がかりなのは、景気対策の目玉である定額給付金関連法案の衆院再議決について、小泉氏が慎重姿勢を示したことだ。自民党内で給付金に対する反発は根強いだけに、「小泉チルドレン」と呼ばれる若手議員らが、小泉氏から造反のお墨付きを得たと受け止め実行に移せば、政権は立ち往生しかねない。

 首相は12日夜、記者団に「(給付金関連法案は)政府、与党で手続きを踏んで決めた。粛々と成立させるように努力しないといけない」と強調したが、自らの発言が招いた苦境から脱する見通しは立っていない。(共同)[2009年2月12日22時58分]

●引用終了●


麻生首相のぶら下がりの対応は最低ですな。「聞いてないので答えようがない」って。聞いてても答えようが無いのかもしれないけど・・・。


●引用開始●

【毎日新聞】
麻生首相:「小泉さんの話聞いていない」
 麻生太郎首相は12日夜、小泉元首相が「首相の発言に信頼がないと選挙は戦えない」などと発言したことに関して、「国民の総意は景気対策。景気対策をきちんと仕上げて(衆院選を)戦えるようにしたい」と述べた。首相官邸で記者団に語った。

 首相はさらに「選挙はしかるべき時期にきちんと政策を立て、野党との違いを明確にしたうえでやらねばならぬと思っている」と語った。

 郵政民営化については、「(小泉元首相の)話を聞いていないので、答えようがない」とかわした。定額給付金に関しては、「政府・与党できちんと手続きを踏んで決めた上での結論で、粛々と法案を成立させるように努力しなければならない」と語り、衆院で再可決をしてでも成立させる考えを示した。【仙石恭】

●引用終了●


ちなみに出席者は以下のメンバーだったようです。


●引用開始●

【時事通信】
民営化推進派会合の出席者
 自民党有志が12日に開いた「郵政民営化を堅持し推進する集い」への出席者は次の通り。
 【町村派】伊藤公介(9)、中川秀直(9)、小池百合子(5)、木村太郎(4)(以上衆院)、山本一太(3)(参院)
 【津島派】伊藤達也(5)、棚橋泰文(4)
 【古賀派】塩崎恭久(4)
 【山崎派】武部勤(7)、石原伸晃(6)、広津素子(1)
 【無所属】小泉純一郎(12)、水野賢一(4)、菅原一秀(2)、小野次郎(1)、片山さつき(1)、佐藤ゆかり(1)、藤田幹雄(1)(以上衆院)(了)

●引用終了●


小泉劇場、健在でした。。。
[PR]
by kokoro-rokuro | 2009-02-12 23:30 | 徒然なるままに